2016-01-13

冬らしくなってきた。。。

KIMG0135.jpg
   
これはちょこっと登場する柞原さまの参道の脇に植えられているバナナの木。
何気にあちこちで見かけるバナナの木(正確には草なのかな。)ですが、ここんとこの
暖かさで、まだ、枯れていません。

写真の真ん中あたりの丸いのは花。
    
KIMG0136.jpg

花芽が伸びた真ん中あたりで枯れているのは実の部分。

KIMG0137_20160113141624cbc.jpg
   
新しく出てきた芽からの葉もまだ茂っていました。
バナナの結実と実の生育は土中の温度なのだそうです。
土中の温度も暖かかったってことですね。

そして、毎年気がつくと盛りが過ぎている招霊の木はもう花が咲いていました。
大体、3月頃が開花時期なのですが、ここは少し早い。
それが、さらに早い開花でした。

KIMG0141.jpg
   
とは言え、これからしばらくは寒い日が続くそうなので、みなさまもお身体ご自愛くださいねっ。
    
神事は一段落しましたが、今月は母の通院が多いので、私らもぬくぬく装備で行きますですよっ。

theme : 人生を豊かに生きる
genre : 心と身体

2014-08-29

食べられる(らしい)実がなっていました。。。

近所の病院へ母を連れていきました。
通常の予約診察です。春からは、経過観察になりましたので、難病は最初に診てもらった、
診断医にもどされるのですが、このお医者様が近くの病院に転院して来たのですよ、ラッキ~♪
   
そこの病院にヤマボウシの木が植えてあるのですが、今年の天候の関係か、葉っぱは巻いて、
茶色の枯れ色になってしまっていますが、実は、どっさりついていたようです。それも、先日の
雨ですっかり落ちてしまっていました。
   
KIMG0020.jpg

KIMG0019.jpg
  
食べたことないけれど、フィジョァなんていう、熱帯の果実みたいな味だそうです。(ネット調べ(笑))
気候が荒れたからこそ、子孫を残すために実がたっくさんついたのかもかも。。。
   
K3340199.jpg
   
ちなみに我が家の未生植え晩柑さんはこんなに成長しました。(´∀‘人)
2014-07-13

台風が通り過ぎたら

台風が通過した後、玄関側に置いていた植木鉢に変化が・・・
ふたば


これは、食べた柑橘系の種を植えてみたところ、2週間ほどで
芽が出ました。ジューシーオレンジと言うものでしたが、調べたら
『河内晩柑』がもとの名で、地方で呼ばれ方は違うようですね。
それにしても・・・。
うーむ。10粒程度を埋め込んでみたからなあ。
「なんか、すげーなあ・・・(呆れている)」と、臣さん。
「まあ、二葉から先、育つか、だね。」
ネットで調べるとけっこう、食べたもののタネを植えてみた経過の
サイトも目にするので、こちらも楽しみにしていましょ♪
ちなみに、未生から育てた檜は現在育って、育って、・・・。(嬉)
これも元気に育つといいなあ。
追記
写真をこちらで初めてペタリしてみたのですが、操作が違うので、加減がわかりません。
これもぼつぼつやりながら、発見ですね。
2013-09-12

これはなにかというと

Ncm_0100


本館にぺたりした、この画像。



宗像大社の正面ではなく、神宝館前の駐車場で見つけました。

何故か、大きな木陰になっている駐車スペースが奥にいろいろとあるのにも関わらず、



入ってすぐの所に停めた臣さん。歩く距離も微妙に増えたんよぉ。



そして参拝から帰っての臣さんの一服の手が止まって・・・。りばちぃ君を停めた先に



これを発見しました。



Ncm_0102


わきには小さいのも



Ncm_0103


大きさはこんな感じ。タバコの箱を置いてみました♪



Ncm_0105


根元はこんな感じで。



たぶん、キノコだろうと臣さんが言うので、くぐってみました。(笑)



白くて丸いキノコ



ってことで、検索したら、『オニフスベ』という名の食用キノコ。



ただし、このように割れたら(ひびが入っている。)食べられないようです。



ビックパフボールとよばれて、フレンチトーストのようにして外国では食べられている



との記事もありました。チーズのような食感だそうですよ。



まあ、書いている方の感想ですが。食べてみたいようなこあいような・・・。( ̄~ ̄;)



って、食べるんかいっ!!←臣さんからつっこみいただきました♪

2012-05-28

やぁまのはたけぇの~♪

120527153956


『あかとんぼ』の歌詞の2番に出てくる桑の実です。



臣さん、曰く。まっくろに熟した方がおいしいそうです。



写真の実。中央の下の方に黒っぽいのが写っているでしょ。



これがもっと黒くなるんだとか。



去年、竹田だったか、道の駅で、桑の実のジャムがあったので購入していました。



つぶつぶの具合が、以前作ったやまもものジャムみたいでした。←無謀。(笑)



桑の実って、歌に出ている風景は養蚕のための桑の葉畑のことなのかしら~♪



などと、つらつら考えていましたが、(草のイメージ。)



初めて臣さんから教えてもらった桑は、巨大っ。(笑)見上げるほど。



桑の樹だよ、。(笑)



生い茂りまくっていました。



写真の桑の木は用水路の側で、小さな橋の下から、顔を出している。



120527154153


環境により限定されたイメージなんですなぁ~。



畑と言えば、植わっているものは、草のイメージでした。



でも、言われてみれば、山の畑のみかんは『樹』。(笑)



人間は知ったつもりで、物事を発想する。けれども、知っているつもりの発想には



限界があって、その外にも世界は広がっている。



発想が豊富なひとは、あれもこれもと、いろんな角度から発想ができる。



柔らかで、しなやかなイメージの世界。



限界をもし、感じたら



「自分にはまだ、知らない世界がたくさんある。」



と謙虚に思う。



この謙虚な姿勢が、広がる世界を体感させてくれる。



だれかが、いつも、教えてくれるのです。



追記



『赤とんぼ』



夕焼け小焼けの 赤とんぼ



負われて 見たのは いつの日か



山の畑の 桑の実を



小籠に 摘んだは まぼろしか



十五でねえやは 嫁に行き



お里の 便りも 絶え果てた



夕焼け小焼けの 赤とんぼ



とまっているよ 竿の先      三木露風 作詞  山田耕作 作曲

プロフィール

天ト占と臣

Author:天ト占と臣
師匠こと物忌み(巫女)の天ト占(あうら)と弟子で審神者(さにわ)の臣(をみ)です。
神さまからのご紹介や本館ブログを読んで来られた全国の皆さまのさまざまなご相談にのったり、ご依頼からお祓い等の神事をしておりますが、ここではそれをしていない時の天卜占と臣の普通の日常。主に好きな食べ物や本にドラマや映画についてを綴っていますが、やはり神さまからのお話になっているようです(~_~;)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント