2012-04-02

緋寒桜?・・・?たぶん。。。

K3340065


K3340062_2


K3340063_2


我が家より、さらに、内陸部。最近市内になったところですから、



少し、まだ、気温は低めなのかな?



ボタン桜で有名な寺へ行く道の脇で発見。



道路から見ると、白木蓮の白とこのピンクの競演で、さらに雰囲気がありました。



K3340064

2010-10-30

芙蓉の花が咲いてました。

芙蓉の花が咲きまぁしたぁ~♪



・・・・・・ちゃうな。



撫子の花が咲きまぁしたぁ~♪ 芙蓉の花は枯れたぁけどぉ~♪



あなたがとてもぉ~無口にぃ~♪なあた~秋 にぃ~♪



は、さだまさしさんの歌でした。



2010_1030_135454cimg0004



たぶん、これ、芙蓉の花だと思うのですが・・・。(~_~;)



ただ、ふつう、芙蓉の開花は夏から秋。



通常は10月の頭ぐらいまでと思うのですが、



この花が一番花で、



2010_1030_135424cimg0002



つぼみが どんどん、あがってきていました。横のピンクは終わったもの。



それに、夏の間は咲いていたという記憶がない・・・。



もしかしたら、酔芙蓉なのかもしれません。



酔芙蓉は、朝は白く開花しても、夕方までには赤く色を変える花だそうです。



『風の盆恋歌』に出てくるから、これも夏の花だな・・・。



そろそろ、冬の花、皇帝ダリアがあちらこちらで、にょきにょき伸びて来ています。



植物さんたちも、暑さを乗り越えて、通常営業に戻れたかしら。。。

2010-10-20

夜香木

栗以外にも、いろいろいただいています。



本当にありがたいです。



食べ物以外のものでは、お花をいただきます。



今回は、珍しい花。



101019212925



本館ブログにも載せましたが、



夜香る木と書く、『夜香木』さんです。



下に新聞を敷いているのは、下さった方から、



「花が散って大変だけど、夜になると良い香りがするのよ。



だから、下に新聞を敷いておいてくださいね。」



ということで、敷きました。(~_~;)



香りは・・・・・・。



うーん。正統的な花の香り。



花粉のような?香りです。



少し前は、きんもくせいが、その前はジャスミンが。



そして、先日は、周囲で唐種招霊さんの香りがしていたので、



なんか、変な感じです。(笑)



101019213029_2





2010-05-01

やまふじさん

2010_0501_173151cimg0007



宮地嶽さまの山(といっても、家の前。(笑))



2010_0501_173200cimg0008



たくましくも見えるやまふじさんたち。



2010_0428_174302cimg0002



2010-04-27

あかふじさん

そして、こちらはあかふじ。



2010_0420_172741cimg0014



4月20日の撮影です。



2010_0420_172625cimg0013



今年もすずなり。



2010_0420_172547cimg0012 

プロフィール

天ト占と臣

Author:天ト占と臣
師匠こと物忌み(巫女)の天ト占(あうら)と弟子で審神者(さにわ)の臣(をみ)です。
神さまからのご紹介や本館ブログを読んで来られた全国の皆さまのさまざまなご相談にのったり、ご依頼からお祓い等の神事をしておりますが、ここではそれをしていない時の天卜占と臣の普通の日常。主に好きな食べ物や本にドラマや映画についてを綴っていますが、やはり神さまからのお話になっているようです(~_~;)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント