2009-05-31

絶望の闇に差し込むひとすじの光 『容疑者Xの献身』

51yptvs2buyl_ss400_2



『容疑者Xの献身』 



出演 福山雅治  柴咲コウ  北村一輝  松雪泰子 堤 真一 



  



最近、CMで福山バージョンの『最愛』が流れている。



それが師匠のアンテナ(笑)にひっかかったらしく、



師匠「ガリレオの映画って、もうDVDになっているよな~。」



私 「なっているでしょうね。観たいんですか?」



師匠「うん。(にこにこ)」



などと言っていたら、ひょんなことから、私の友人が持っていて



貸してくれた。あいかわらず、力を使っているのかと思いつつ、(苦笑)



以下は、感想メモ。 



東野圭吾さんのガリレオの原作は、短編と長編ではテイストが違う。



本作は直木賞を受賞した長編が原作。



つまり、原作は既に読了。



418zzt4nj0l_ss500_1



書名 『容疑者Xの献身』 東野圭吾 著  文芸春秋 刊 



そして、その原作に添って、テレビドラマや、その基になった短編とは



趣がガラリと違う。短編やドラマのガリレオ先生の軽さや、しなやかさはなく、



やや抑えた感の在る静謐な空気が流れる。



これは推理ドラマではない。



主役はあくまでも堤真一さん扮する教師の石神さんであり、純愛物語なのだ。



絶望の淵にいた石神さんの人生に差し込む、光。



それは隣に越してきた花岡さん母娘。



映画では娘さんの共犯にはふれていない。



どんな絶望にあっても、希望の光はさしこむ。



これは、さとりをひらくのに修行は必要なのかを考えていたことにも



通じる。



愛は論理的思考とは相容れないものに一見、見えるが、その実は、



人間の行動の師範、結果が、論理的思考にほど遠いものを引き起こす



から、そのように見えるのだ。



波紋のように、愛を繰り返しおこしていけば、その論理的な思考は、



次々とその発展を見出す。



ところで、変人とか、変わっていると言われることはよくある話なのだが、



あくまでもそれを評しているひとの尺度からのことなのだ。



よほどのことがない限り、変わっている基準も、標準というものも存在



しない。



恐れることなく、歩いていこう。



光の方を目指して歩いていけば、恐れることは何もない。



どんな自分でも、自分は自分だ。



    



















2009-05-30

野苺が、まだありました。

151



水を汲みに行ったら、先客がいて、時間がかかりそうだったので、



少し足を延ばして、前回の野苺が生えていた斜面へ行ってみた。



先日の雨と大風で、ほとんどの実が落ちてしまったようだ。



154



野荊などの草の生える流れを見ていたら、道路を隔てた反対側の



斜面にまだ実が残っていた。



人間の都合で道路が作られ、生えていた野草が分断されても、



まだ、増殖している。



もちろん、この野草たちが生えているので、斜面の土が流れ



落ちることを止めているわけなのだが。



強い根が張り出すことで、自分たちも守っている。



自然は本当によくできている。



156



少しいただいた。なつかしい野苺の味。



師匠「久住の時、友人のお母さんがネスカフェの大きなコーヒー



    瓶3本分。これのジャムを作っていたよ。考えたらもの



    すごい量の野苺を取っていたんだな。」



私 「店のときに、裏の庭から張り出していたのは、木苺でしたよね。」



師匠「そうそう、あれの方がとげとげだよ。」



先日は、桑の実がたわわになっているのを見た。たぶん、取る人もなく、



落ちていくのだろう。道路わきのやまももの実も。



自然の中には、恵みが沢山在る。世界は豊かと思う。



そう思ってみれば、この世界は限りなく豊かだ。







2009-05-25

ワイルドストロベリーに実がなりました

ワイルドストロベリーの実は、食べるものではないと思うのだが、



(さすがに私は食べない。(笑))古神道のS先生のハーブ畑から



植え替えた、ワイルドストロベリーが師匠宅の庭で増殖中。(笑)



032



その一部を寄せ植えにしていたら、



130



実がついていた。



131



一時期、実がつくと幸せになると品切れが続出したワイルドストロベリー。



今年も元気に実を沢山つけている。









2009-05-21

湧き水をいただきます。

さて、お茶をするのと、水汲みと、どっちがついでだったのか、わからないが、



Img358



水はここで汲んでいる。



道路わき。この看板のところに下へ降りる道があり、整備されている。



Img356



かなり沢山汲んで帰っているひとを見かける。



蛇口が二つつけられているので、ゆずっていただくこともある。



ありがたいことだ。



2009-05-20

ちょっと、一息。お茶してました。

水を汲みに行くのだが、最近は、目明けの湧き水をいただいている。



本館ブログで、書いていたが、ガードレールにたたずむとんびと師匠が



目があった(笑)場所の近くに、ドーム型の建築中の建物を発見していた。



何ができるのか見ていたら、「5月10日にオープン」の文字が壁面に登場



していた。



それで、水を汲みに行くときに寄ってみることにした。



お店の名は、『アートカフェ銀乃竈』。ドーム型なのは竈をイメージしての建物



だからのようだ。



Sh350122jpg



師匠はケーキセット、チーズケーキと紅茶を注文。



129



野苺が添えられていた。



何日か前に、このお店の手前の道の脇で、野苺があるのを見つけていた



のだが、この日はすっかり姿をなくしていた。



ひょっとして・・・・・・?(笑)



師匠は、目当ての(笑)野苺が食べられて満足したようだ。



私はコーヒーをいただいた。



Sh350123



ごちそうさま。



Sh350124



下は、佐志生工芸村。そう。ここはもう臼杵市なのだ。



カフェは右側の階段から上がった2階にあり、3階がギャラリーのようだ。



最初に行った日は休みだった。水曜、木曜が定休日なのだそうだ。











2009-05-19

食べられる実がなっていた(過去形・(笑))

走行中、甘い香りに気がつくと、国道のすぐわきにある樹を発見。



みかんの種類だと思うのだが、花としては、かなり大きい。



124



この時期、香りがする方向をみると、柑橘系の樹の存在に気がつく。



123



ひとつだけ、実が残っていた。最近見かけるようになった、晩白柚だろうか。



125



数日経った今でも、車内では花の香りが漂っている。



まあ、先日、湯布院塚原の霧島神社へも行ったので、(こちらには女性形の



神さまがいらっしゃったそうだ。)その名残もあるのかもしれない。



       



追記



後日、ここを通ったら、一個だけ残っていた実がなくなっていた。



樹の持ち主が、持ち帰ったのだろうか。(笑)



2009-05-18

それでもなお、人を愛しなさい―人生の意味を見つけるための逆説の10カ条

310178951 



それでもなお、人を愛しなさい―人生の意味を見つけるための逆説の10カ条



ケント・M. キース 著  大内 博 訳  早川書房 刊



         



本館でかつてとりあげた、『逆説の十ヶ条』



当時の師匠読後メモよりー



人生は自由である、その先にこれはひろがっています。



自分自身の「自由」の意味がわかってこそ、



このあえて「逆説」の意味深さが理解できます。



そして、さらなる自由を得ることになります。      



      

2009-05-17

これも恵み

本館で掲載していた、『半額ゲッターがゆく』



これからは、こちらでの掲載になる。その第一弾



大分県産の天然鯛(30cm弱の大きさで元値・980円。)が半額



(460円)だったとかで、買い。



師匠宅の近所のジャスコの鮮魚部門が変わったとかで、



品ぞろいも変わった。いわゆるトロ箱買いなのだろうか。



カラフルな今まで見なかったような魚、舌びらめなどの高級食材(?)



も入っている。



ただ、常駐の魚をさばく人がいないらしく、そのまま、トレーにのせて



ラップにくるまれていたものを持ってうろうろしていたら(重さでトレーが割れた)、



ちょうどタイミングよく、魚をおろしてもらうように頼んでいた人がいたので、



その人の後に、してもらったそうだ。



うろこをとり、内臓を出してもらい、二つに切って帰った。



あとは師匠のお得意、簡単料理。



126



下味の塩を両面につけて、そのまま、焼肉のホットプレートにのせて、



一度片面を焼いた後に、椎茸を入れて、少し香り付け。



127



残れば鯛味噌になる予定だが、残らないだろう。(師匠・談)



128











2009-05-15

食べられる実がなりました。(笑)

写真はないが、甘夏かん同様に、金柑も花と実が同居していたようだ。



私が師匠宅へ甘夏を持って行った後に、お嫁さんの実家から



金柑をもらったそうだ。



それで、ネットでレシピを探して、こうなった。



109



金柑の砂糖煮。以下作り方。



①金柑を洗って、フォークで2回ほどさして、穴を開ける。



②金柑をやや大目の水と一緒に鍋に入れ、15分煮る。



③これを2回繰り返す。



④そのあと、金柑の6割程度の砂糖を準備して、熱いうちにまぶし、



それが浸るくらいの水を入れて、今度は20分煮て、できあがり。



108



箸休めに丁度いい甘さ。エキスは紅茶に入れて飲んでいた。



    





2009-05-13

エックハルト・トール Ⅰ 世界でいちばん古くて大切なスピリチュアルの教え

世界でいちばん古くて大切なスピリチュアルの教え(徳間書店)



『世界でいちばん古くて大切なスピリチュアルの教え』



エックハルト・トール 著   あさりみちこ  訳   徳間書店 刊



とてもシンプルな本だ。静寂を体感すること。静寂とは真理。



わたしたちがいかに多種多様なエネルギーにさらされて生きているか



を改めて感じる。



『空のうつわ』の話を師匠ブログで掲載したが、高いエネルギーの実体



とは空間なのだが、その空間について、認識する一助となる。

プロフィール

天ト占と臣

Author:天ト占と臣
師匠こと物忌み(巫女)の天ト占(あうら)と弟子で審神者(さにわ)の臣(をみ)です。
神さまからのご紹介や本館ブログを読んで来られた全国の皆さまのさまざまなご相談にのったり、ご依頼からお祓い等の神事をしておりますが、ここではそれをしていない時の天卜占と臣の普通の日常。主に好きな食べ物や本にドラマや映画についてを綴っていますが、やはり神さまからのお話になっているようです(~_~;)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント