2009-12-24

どっちでも、いい。結果はオーライ。

本館で、書いているように、師匠と縁をしていたら不思議なことが



おこりはじめるのは、よくある(笑)話で、



「大変だっ。」と思って、メールで師匠へ報告をしたら、その後は、とんとんと、



物事がよい方向へ進んでいく。



(例えば、癌と診断されて摘出手術することになった報告を師匠にしたら、



開腹後、思ったほど進行していないと判断されて、摘出はしなくて済んだ。



とか。いろいろ。(笑))



先日、師匠に私の身内が、ちょっとした手術をして、術後、面会へ行ったら、



部分麻酔で、術中は同じ姿勢でいたのもあって、うんうん唸っていて、



大変そうだった話をしたら、次の日に面会に行った親戚から連絡があって、



もうすっかりよくなっていて、本人は歩行器で、歩いているから付き添いの



加勢はいらないと言ってきた。同室で数週間前に同じ手術を受けた人は



まだ、動けないとかで、そのひとが、「なんで???」と言っていたそうだ。



付き添いがいらなくなって、そこの家族も、かりだされかけた、私も一安心。



師匠「キミ、なんか、力を使ったんだろ。お父さんの時に、そんなことが



   あったやん。(にこにこ)」



私 「えっ?いや、師匠をさしおいて、そんなあ~。(つられて、にこにこ)」



師匠「そうやって、みんなが、にこにこしていられることが、一番だよ。」



そうですね。力を使ったなんてことより、よりよく機能できれば、それがいい



んですよね。









005



写真は大分大学医学部付属病院の中庭



に設置されていた、クリスマスのイルミネ



ーション。

2009-12-07

阿蘇で食べるおまんじゅう

カフェには寄っていないけれど・・・。阿蘇神社の近くのおまんじゅうが



おいしいと、以前、古神道のS先生が話していた。



それが、



2009_1122_103354cimg0030



2009_1122_103436cimg0032



白餡も、黒餡もどっさり入っていて、甘すぎなくておいしい。



それなのに、一個、80円。



少し行列ぎみな時もあります・・・。



おじさんは、汗だくになって、これを焼いている。



おいちゃん、いつも、おいしいおまんじゅうを作ってくれて



ありがとう。

プロフィール

天ト占と臣

Author:天ト占と臣
師匠こと物忌み(巫女)の天ト占(あうら)と弟子で審神者(さにわ)の臣(をみ)です。
神さまからのご紹介や本館ブログを読んで来られた全国の皆さまのさまざまなご相談にのったり、ご依頼からお祓い等の神事をしておりますが、ここではそれをしていない時の天卜占と臣の普通の日常。主に好きな食べ物や本にドラマや映画についてを綴っていますが、やはり神さまからのお話になっているようです(~_~;)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント