2010-10-30

芙蓉の花が咲いてました。

芙蓉の花が咲きまぁしたぁ~♪



・・・・・・ちゃうな。



撫子の花が咲きまぁしたぁ~♪ 芙蓉の花は枯れたぁけどぉ~♪



あなたがとてもぉ~無口にぃ~♪なあた~秋 にぃ~♪



は、さだまさしさんの歌でした。



2010_1030_135454cimg0004



たぶん、これ、芙蓉の花だと思うのですが・・・。(~_~;)



ただ、ふつう、芙蓉の開花は夏から秋。



通常は10月の頭ぐらいまでと思うのですが、



この花が一番花で、



2010_1030_135424cimg0002



つぼみが どんどん、あがってきていました。横のピンクは終わったもの。



それに、夏の間は咲いていたという記憶がない・・・。



もしかしたら、酔芙蓉なのかもしれません。



酔芙蓉は、朝は白く開花しても、夕方までには赤く色を変える花だそうです。



『風の盆恋歌』に出てくるから、これも夏の花だな・・・。



そろそろ、冬の花、皇帝ダリアがあちらこちらで、にょきにょき伸びて来ています。



植物さんたちも、暑さを乗り越えて、通常営業に戻れたかしら。。。

2010-10-27

ぽけら~していたら♪ 美しき地球

瞑想というより、ぽけら~という状態になると、ぶわっと、花の香りがしたり、



檜や、楠の香りがするのですが、たまあに、ビジョンがみえます。



瞑想状態とは違う感覚。



まあ、油断している状態なのかもしれませんな。



そんな、ぽけら~♪の瞬間。



眼前に黒とも群青ともつかない背景に、ぽっかりと青に白い筋がマーブル状に



走っている惑星(ほし)の部分がー



なんか、みたことあるなあ~



あぁ、地球だあ~



きれいだなあ~



と、ぼんやりみていたら、遠くから声が聞こえる。



「そこは、侵入禁止区域です。」



声の主は天女のような装いの女性。



すぐそばの惑星の陰になってみえなかったけれども、実はそのすぐ向こうに



白銀に輝く惑星(ほし)がみえる。そこから発信がされていたようだった。



2010_0723_125256cimg0034_2



どうやって、ここから離れようかと思った瞬間。



自分に還っていた。



とーっても、きれいでした。でも、立ち入っては、いけないところだったのですね。



もう少し、こんとろーるできるようにならねば。



Space100auroraaustralisfromspace__2





2010-10-25

『相棒シーズン9』開幕!

極力、テレビを視るのは、天気予報と、今日の料理。そして、『忍たま』(笑)。



にしていましたが、いよいよ『相棒シーズン9』がはじまりましたので、



体調を整えて(笑)第1話を観ました。



作品については、前後篇なので、事件はまだ、解決していません。



来週がさらに楽しみです。わくわくしました。(笑)



これから毎週、色っぽいお二人に会えるので、楽しみです。



どうも、個人的には、色っぽい人が好みのようです。



最近では玉木宏くん。少し前は三上博史さん。



変さがたまらない、カールスモーキー石井こと、石井竜也氏(あっ。同い年)



洋画では、ジョニー・デップや、ジュード・ロウ。



新しいところでは、『メンタリスト』←観てるやん。(笑)



そういえば、メンタリストの俳優サイモン・ベイカーも、たれ目だったと、



ミッチーを観ていて、思い出しました。



母娘ともども、水谷さんが大好きなのですが、母がうるさいので、一緒には観ません。(笑)



その上、2人ともミッチーも大好きなので、さらに注目度があがりました。



思えば、小学生の頃から、ディクスンカー、とか、チェスタートンなどを読んでいた、



推理小説大好き人間でしたから、三つ子の魂はなんとやら。



中学時代に読み始めた、横溝正史作品は、金田一探偵シリーズより、



短編がほどよい人間ドラマで好きでした。



学生時代は、舞台用にシナリオを書きかけ、上演を夢見たくらいです。



(相棒も、シナリオ的には舞台になりそうなものがありました。



宝塚では、別なものとして『相棒』オリジナルが舞台化されましたが。)



さあ。今シーズンは途中、映画も公開されます。楽しみだなあ。



2010-10-20

夜香木

栗以外にも、いろいろいただいています。



本当にありがたいです。



食べ物以外のものでは、お花をいただきます。



今回は、珍しい花。



101019212925



本館ブログにも載せましたが、



夜香る木と書く、『夜香木』さんです。



下に新聞を敷いているのは、下さった方から、



「花が散って大変だけど、夜になると良い香りがするのよ。



だから、下に新聞を敷いておいてくださいね。」



ということで、敷きました。(~_~;)



香りは・・・・・・。



うーん。正統的な花の香り。



花粉のような?香りです。



少し前は、きんもくせいが、その前はジャスミンが。



そして、先日は、周囲で唐種招霊さんの香りがしていたので、



なんか、変な感じです。(笑)



101019213029_2





2010-10-15

ふつーな日々では今年も作りました。栗を保存。

やっと、すごしやすい気候になりまして、一安心。



クーラーや、汗疹ローションのお世話になることも減ってきました。



その間はー



あぁ、そーそー。ニュースで、野菜が高いの、秋の味覚の果物が



高いだのやっていましたね。



栗も今年は高いとかで。



でも、高いと言われても、この時期は、栗はいただきもの。(笑)



ご近所の方の実家に栗の木があるとかで、栗の巾着とか、



おごちそうになっています。



先日は、生の栗を大量にいただきまして、立て込んでいた中、



昨年同様に栗のペーストを作りました。



1.鍋に栗がつかるより少し多めに水を入れて湯がく。



2.あたたかいうちに、実をだして、つぶす。



3.牛乳と砂糖を入れて混ぜてから、煮る。



牛乳は取りだした栗の実の1割程度。



砂糖は、保存用は7~8割程度入れて混ぜます。



途中、いつものように睡魔に襲われ、中断。



(あいかわらず、9時か10時に寝る。)



そして、夜中に起きて、さらに火を入れました。(40分程度)



保存瓶は、煮沸消毒して、粗熱が取れたら、瓶に移して、あとは、



冷蔵庫で保存。



栗ペーストなので、トーストに塗ったりしています。



気力があれば(笑)パウンドケーキに入れてみようかと思っています。



プロフィール

天ト占と臣

Author:天ト占と臣
師匠こと物忌み(巫女)の天ト占(あうら)と弟子で審神者(さにわ)の臣(をみ)です。
神さまからのご紹介や本館ブログを読んで来られた全国の皆さまのさまざまなご相談にのったり、ご依頼からお祓い等の神事をしておりますが、ここではそれをしていない時の天卜占と臣の普通の日常。主に好きな食べ物や本にドラマや映画についてを綴っていますが、やはり神さまからのお話になっているようです(~_~;)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント