2011-03-26

ちょこっと、ふっかーつ

いただきもののなかに、



以前、リクエストしていた(笑)『博多 とおりもん』を発見。(笑)



ありがとうございます。



2011_0323_130251cimg0003



『のだめカンタービレ』の主人公のだめが、留学先のオクレール先生へ



おみやげとしてフランスへ持って行っていた、とれびぃあーんなお菓子デス。(笑)



2011_0323_130733cimg0004



2011_0323_130811cimg0005



この白餡がたまらない・・・。



マスターヨーダな(笑)オクレールせんせも喜んでいましたね。



回転焼きの白餡も好きだけど、この餡も絶品。♪



また、このよーなメッセージカードもありがとうございます。



2011_0325_115040cimg0001



かわいい♪



ところで、いくつになっかって?



ふっふっふ。臣さんと同い年の51歳になりました。



半世紀・・・・・・。思わず、とーくをみつめちゃいましたよ。(ーー)



誕生日当日は母の介護認定の手続きと重なったので、これといったことはせず。



前々日の母の医大受診が、検査の結果で、今の薬を変えての経過観察で



よいとのことで、思ったより早く終わったので、誕生祝いも兼ねて、



母、待望の(笑)スシローへ、行ってきました。



とはいえ、小食の母と私。軍艦とか、デザート系を食べて終わりましたがね。



そーそー。蟹のおみそ汁が母としては、おいしかったようです。(笑)





2011-03-21

耐えられる強さ 耐えられない弱さ 別館バージョン

ご存知の方もおられるでしょうが、



ここの こころ温まるつぶやき



読んでてうるうるしてしまいました。



ネットもまた、使い方次第では、良くも悪くもなります。



ネットの情報は玉石混合。



読んでいて具合が悪くなることもあるのですが、(早く気づけよ自分。(~_~;))



ちょーっとさわりだけよかったので。全部は読んでいません。ごめんなさい。



道具は、使う方の意志により、どうにでもなるものなのです。



その意志もまた、無知であれば、自らを望まない方向へ導くものとも



なります。





そして、誰もが、よりよくありたいとの自己の発令で動いている。



ということを誰もが本当は知っているのですよ。



誰だって、一生懸命に自分の使命で動いているのです。



あわてない。あせらない。



♪~急いだって、しょうがないんだ~♪(歌っていマス。(笑))



確実に物事は自然の流れに沿って流れています。



自然の流れに逆らえば、それは流れない。



流れに沿う人たちの崇高で尊い思いに対して、流れに抗うと、進むものも



進みません。進みたいのにね。そう。素直が一番です。



ひとは、ひとのこころの正しさ、強さに、また、魅了されるものなのです。



なんのために、などとは問はないでください。



誰でもが自分の正しさに沿って動いているのですから。



「すわっ、被災地に駆けつけて・・・と気ばかりあせっているのよ。」



と、だんなさまが電気関係のお仕事をしている友人が言っていました。



なにかをしたい。自分ができることで、お手伝いをしたい。



そう思う方が大勢おられる。



大丈夫。誰もが、そう、思い。ひとの力を信じています。



だんなさまも、要請が来れば、飛んでいくのでしょうね。



そのためにも、今は、お身体を大事にしていましょうね。



2011-03-16

さくらんぼの花が咲いたよっ

110315141246



今年も、さくらんぼの花が咲きました。



近くのホワイトロードの愛称の由来である白木蓮も咲き始めました。



春がやってきています。



         



東日本から遠く離れた大分からではありますが、



復興へ向けての準備は既に始まっていると、耳にしました。



仮設住宅関係の会社へ被災地での建設に向けて話が来ており、



配送の準備等に入っているようです。



横浜に会社をお持ちに社長さんからきいたのですが、



レンタカーなど、年度末までで、今、社長の会社が借りている契約を終了させて、



4月からは被災地へ、優先して車を持って行くのだそうです。



建設関係の車両もそのようです。



着々と、準備がすすんでいるのですねえ。



みなさん、たくましいっ。



110315141347

2011-03-14

生きる に スイッチ、ぽん!

発生した夜は、軒並み、どのテレビ局も報道番組に切り替わっていたので、



ケーブルで、CNNだか、BBCだかも見ていたら、



キャスターの方が、被災した人たちの映像に驚嘆していた。



順番待ちにしても、整然としている光景は、関東も東北も変わらない。



レポーターのひとが、礼儀正しいひとたちですから、などと言っていた。



(同時通訳の方の訳)



こちらには、ふつうの光景なのだが、海外の方からすれば、驚きと共に



その光景は伝えられた。



この混乱の最中、友人の息子が、ちょうど、就職試験で東京にいたそうだ。



けっこう揺れている中で、慌てることなく、筆記試験が続行されたそうな。(笑)



この試験に行くための旅行チケットは、申し込みをしたにも関わらず、なぜか



旅行代理店で準備がされてなかったので、親として、行くのを止めたら?、



と言ったそうだが、本人がどうしても行く、と、自分で、チケットを新たに予約して



の東京行きだったという。



以前、彼は鬱病の診断を受けていたのだが、このような状況にも冷静に判断して、



試験後は、一次避難場所で夜を明かし、日帰りのチケットは使えないため、



急遽、新幹線に乗るために歩いて移動して、駅へ向かい、折よく乗車券が買えて、



新幹線に乗車。



翌日の大分では、まだ、津波警報が発令中だったが、九州に着く頃には、



それも解除され、JRが大分方面の運行を再開していたので、それに乗れて、



無事に帰宅した。



「スイッチが入ったんじゃあないかなあ、生きるスイッチがー。



本人が生きたいと、強く望んだんだと思うよ。」



それまで、動けなかったりしたこともあったが、今回、災害に遭遇して、パニックに



陥ることなく、行動できたのは、本人が『生きる』と、強く決めたから。



たくましく成長した子供を、あたたかく見守っていた友人だった。



強く生き抜く生命力というものが、ひとには備わっているのだと、痛感した。

2011-03-13

終わらなかったことはない

俳優の水谷豊さんが、



(も~ねえ~。どこまで、好きだよ。と、自己ツッコミしてみる。(笑))



撮影現場で、終了予定時間を過ぎても、



予定通りに進まず、撮影が終わらなかった時に、現場の方たちに



「僕はね、今までいろいろな仕事をしてきたけれど、



終わらなかった仕事はないのよ。(笑)」



と、おっしゃった話がありました。



どんなことでも、終わりが来ます。



どんな大変な時も、終わりはあります。



今までも、そうやってきたから、大丈夫。



かならず、今、起きていることも、終わるはず。



『今』とは、変化を内包している。



『今』とは、力を内包している。



前進するのです。



変化を受け入れつつ、前進をするのです。



降ってきたので、こちらでは、ここまで。



2011-03-12

不穏のお伝え

一昨日、突然聞こえてきた、



(すべてを)無にするちから



の声



の意味を考える間もなく、昨日は、気持ちがわるくて眼が覚めた。



夢見もわるく、具合がわるいのもなかなか治らない。



なんとなく、では、気分直しにと、海沿いを車で走らせることとなったのだが、



道中、歩いている人と目があったりすると、(こちらは車中なのだけれどね。)



なんだか、いやあーんな感じがした。



引き返して戻っていたら、よく目にする光景のはずなのに、



川の流れに違和感がある。



地震?・・・。ははっ。まさか、あれ?植物さんが見せてくれた光景?



と、思ってテレビを入れたら、現実となっていました。



   



被害にあわれた皆様には、お見舞い申し上げます。



2011-03-09

相棒シーズン9 終了!

劇場版Ⅱの公開だのなんだので、幕が開いた今期の『相棒』。



前半と、折り返しのお正月放送分は、なんともなあ~な感じでしたが、



それ以降は、無難でしたかね。



視聴者の好みに分かれるところな展開もありましたが、



ついに、最終回がやってきて、劇場版その後の着地点としては、大満足。



にげに、涙腺がゆるみました。う~るる~。



ここにきて、大物、片山雛子女史をもってきて、小野田官房長的ポジションに



なったのかは、今後の、松本氏や、ライターさんの創作によるのでしょうが、



片山女史とは、いつかは、決着をつける存在であるには、間違いない



ようなので、(各インタビューによる。)



シーズン10を楽しみにしていましょうかね。



来月からは観たいドラマはなさそうと思っていたら、



フジ系で、オトコマエな天海さんが帰ってくるらしい。



ダメージがなさそうな展開を望みます。とうてい、無理ですが・・・。

プロフィール

天ト占と臣

Author:天ト占と臣
師匠こと物忌み(巫女)の天ト占(あうら)と弟子で審神者(さにわ)の臣(をみ)です。
神さまからのご紹介や本館ブログを読んで来られた全国の皆さまのさまざまなご相談にのったり、ご依頼からお祓い等の神事をしておりますが、ここではそれをしていない時の天卜占と臣の普通の日常。主に好きな食べ物や本にドラマや映画についてを綴っていますが、やはり神さまからのお話になっているようです(~_~;)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント