2012-04-30

半額ゲッターをして・・・

K3340095



お赤飯・半額シールつき、から呼びとめられまして(笑)一緒に帰りましたら、(笑)



まあ~母の喜ぶこと。~(/´з`)/



気がつけば、両親の50ん回目の結婚記念日でした。



母、リクエストの卵のお吸い物には、ぶなシメジとストックしていたブロッコリーで、



彩りを添えて。



グリーンサラダには太刀魚の浜焼き(噛み切りが良いように細かくカットしています。)を



のっけました。



おごちそーさまでした。(´∀`人)





2012-04-23

最近はこの花の香り♪ 『秋茱萸』←読めますかぁ~?

秋から、冬にかけて、大分スポーツ公園と、パークプレイスの付近の道路わきの樹に、



実がびっしりつくのですが、臣さんに聞くと、あれは食べられる、子供の頃、よく取って



食べていた、と、ゆーんです。



んで、名前は?と聞くと、知らない、と。『ぐみ』じゃないかってことでした。



111025163000



葉っぱは、裏が銀色で、遠目には、白っぽい葉に囲まれて、樹の中心部が真っ黒。



これは、赤い実が熟しすぎて真っ黒に見えていただけなのですがね。



調べたら、秋ぐみということでした。



それが、最近、白藤の花の香りから、違う花の香りが周囲でしていまして、



どなたかなぁ~?と、思っていたら、(いつものように、傍に花の木があるから香るわけでは



ありません。(笑))車で走行中に香りが強くなる場所もあるので、



(窓は、閉めているのですがね。(^◇^))



どうも、秋ぐみさんではないかと、昨年、撮影したところへ行ってみました。



咲いてる。咲いてる。びっしりと花がついてて、とても、良い香りがします。



120422145603

わかるかなぁ~。左は白の花。右は、黄色の花がびっしりついているのです。



K3340085

これが左の白い花。



K3340086


これが右の黄色の花。



K3340081
かわいいでしょ♪



K3340084_3


これだけ、花が咲けば、びっしり、実がなるわけだわ。



意識してなかった頃は、こんなことなかったのですが、意識し始めてからは、花の香り、



樹の香りに敏感になりました。



花が咲くことにも季節が感じられます。



『自然の恵みは、豊かで尽きることはない。』



マーフィーの言葉を思い出します。



豊かな世界を自分の世界と定義する。



そう、決めることも、大事です。



追記



漢字では、『秋茱萸』と書きます。難読漢字だなぁ~。



 



そして、スポーツ公園内で見つけました。



K3340089


こちらは、『唐茱萸』。



我が家の『俵茱萸』と同じものです。別名、『苗代茱萸』。



形状から、そして、開花の時期から、このような異名があります。



2012-04-18

絶賛(?・笑) 改造ちう

えーっと。



更年期の荒波をやり過ごし、



被災規模の地震が来る前は、直前体感でダウンしながら、ぼつぼつ、過ごしてます。



最近は、被災規模は頻繁には起きていないのでね。ふう。



体。



主に仙骨が整っていないと、気の流れが滞るので、それを整えるためか、



体がぱきぱきとされています。



んっ?日本語がおかしいが、感覚としては、そんな状態。



正座をする生活上、足が歪んでくるものなのだそうですが、えぇ、50年以上も生きて



くるとね、いろいろあるんです。(笑)



ついでに、見えない左側の関係で、背骨も左右に湾曲してくるのも、たまぁ~に矯正



されます。ぱきっ。┌| ∵|┘



最近、やっと、あぁ、アタシってば、やっぱり左目が見えていないのね、と認識しています。



えぇ、やっとデス。50年以上もこんなんで、生きてきたのにね。(笑)



まあ、お芝居をしていた時に、立ち回りをしていて、相手が舞い上がって段取りを



すっかり忘れて、右顔面を思いっきり、叩かれた時は、冷えましたが、(女優なのにっ!)



本番中だったので、いつものきわい(気合い・(笑))と、



なけなしの(?)こんじょー(根性・(笑))だして、乗り切った時は、



さすがに、不便を感じましたが、それ以来ってことでしょーか。



おかげさまで、寝込めるときは、無理をせず、寝込んでいます。(笑)



冷蔵庫には、おかずを作った時に、保存食用パックにも詰めて、冷凍したものを



入れておいて、かーちゃんには、解凍しては食べてもらっています。



これくらいは、できるほどに、かーちゃんも、回復していますから。



違った香りがまわりでするなあ~と、思っていたら、春ですもの、あちこちで開花して



いますのね。お誘いを受けたので、撮影しました。



120417130913


近所の西寒多神社の白藤さん♪



120417130802


いまだっ!とばかりに、甘い香りに誘われるのは私たちだけではアリマセン。



でかいハチさんたちがぶんぶんと飛び交っていました。



少々、ビビりながら、撮影。ぱしゃりっ♪



西寒多神社の藤祭りはゴールデンウィークの頃ですが、この白藤さんはその頃には



開花を過ぎています。



ただ、今年は山藤さんたちも、既に咲いてきていますからね、神社のメインの藤さんは



今のところ、まだ、蕾が出かかり。気候の関係で、開花は、ずれるかなあ。



ひとが少ない時期なら、行きたいものです。



あぁ、そーそー、早吸日女神社も藤がきれいです。躑躅も。まだ、後になるでしょうがね。





2012-04-03

右京さん 出張ちう

シーズン10が終了して、右京さんはまた、一人の時期を迎えましたが、



『相棒』ファンを飽かせないためか、それとも・・・陰謀?(笑)



こんなものが・・・。



32721140


すっかり、乗っかって、(^^ゞ 購入。(笑)



そして、二つの事件譚をあっという間に読了。



一つは、自然保護とそれに関わる人間たちのことなどが。



そして、二つ目は恒例なのか?、海外ものです。



いつでも、どこにいても、ぶれない右京さんのスタイル。



ほれぼれします。



自分だけがなんて、思わずに、ひととひとは、つながっていることを認識、体感



していけば、世界はもっと、輝きに満ちている。そんなことを改めて、考えています。



 



追記、



のっかり、ついでに



K3340034


や、



K3340035


日東紅茶を飲みながらの(笑)読書タイムでした。

2012-04-02

緋寒桜?・・・?たぶん。。。

K3340065


K3340062_2


K3340063_2


我が家より、さらに、内陸部。最近市内になったところですから、



少し、まだ、気温は低めなのかな?



ボタン桜で有名な寺へ行く道の脇で発見。



道路から見ると、白木蓮の白とこのピンクの競演で、さらに雰囲気がありました。



K3340064

プロフィール

天ト占と臣

Author:天ト占と臣
師匠こと物忌み(巫女)の天ト占(あうら)と弟子で審神者(さにわ)の臣(をみ)です。
神さまからのご紹介や本館ブログを読んで来られた全国の皆さまのさまざまなご相談にのったり、ご依頼からお祓い等の神事をしておりますが、ここではそれをしていない時の天卜占と臣の普通の日常。主に好きな食べ物や本にドラマや映画についてを綴っていますが、やはり神さまからのお話になっているようです(~_~;)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント