2012-06-23

今の自分は、今までの自分でできている

実際にやれるメンテナンスのお話しをこちらではしております。



あと、こころ踊るわくわくするものたちのことなども。。。



これらのもので、自分という存在ができているんだなぁ~と感じ入るですよ。



食べた物の結果、偏り過ぎれば、偏っただけの結果が。



考える思考パターンも集団ー大衆などの受け入れやすいものからの偏重。



その結果の選択だけで、今の自分があるです。



選択したのですね。



守られていると思うことも大事ですが、度を過ぎれば、それは傲慢となる。



自分がよかれと思ってしたことも、然りです。



おまかせも下手すれば、それは依存。



何が違うのか、どこが違うのはというと、



根の考えをちゃんと把握しているか、ってことなんです。



自分とは。の定義や宣言が不可欠。



それなしで、世間に入れば、あっとという間に飲み込まれます。



真実とは程遠いパターンがこれほどに蔓延している今、



正しく認識できる自分でいるためには、自分のあるべきものを



ちゃんと捉える事が大事。



そう、思っていても、です。



つねに、かまえず、こだわらず、しいらず



こつこつと自分を磨いたり、整えたりして、大事にメンテナンスも行う。



自分が歩いてきた道から、自分が見える。そう思える年齢に自分はなったんだなぁ



とも、思えます。



20代、30代の選択は勢いだけでも十分乗り越えてきました。



ですが、40代からは、自分と周囲との関わりを改めて見つめる機会となりました。



これを読んでいる20代、30代のみなさまの希望の光はいつだって、灯りつづけて



いるものなのですよ、



と、伝えられたら。



それを知ってまた、元気でいられることを取り戻せたら。



そう、願っています。



2012-06-22

祝!いたみん主演「相棒シリーズ X DAY」

記事が出ました。相棒公式ブログでは、撮影風景の写真が公開。



公式サイトもできていました。



 



伊丹役の川原さんと『相棒』初登場の田中圭さんのコンビがW主演となるそうです。



公開は来春。



木村さんの片山女史や、宇津井健さんの長官そして、



警察庁のかんべーの及川くん。うふっ。撮影風景の写真にも出ていました。



出番はやっ。



来春といえば、2013年。子オニトリオに笑ってもらいましょ♪





2012-06-21

やったぁー♪

ミッチーふっかつっ!!



       ?        



     (ー_ー)!!   \(◎o◎)/!



     (^O^)/              



 



『相棒』のスピンオフ映画第二弾の話があるとは、以前から、ファンの皆様のサイト



で知りえたのですが、ラムネ@神保さん(笑)の公式発表で、既にクランクインしている



ようです。



志水さんの方でも撮影に入っていると、ご本人のブログにありました。



それで、検索かけてみたら、既に記事がでていましたのねっ。



そのメンバーの中に及川ミッチーの名前もあったそうで、いやいや、よかった、よかった。



シーズン11が始まって、の映画公開だそうですから、『劇場版Ⅱ』の時みたいに、



本編に絡んでだったら、神戸ミッチーの本編再登場もありかもかも・・・・・。



と、妄想してみる。(笑)



いやいや、まだまだ・・・。スピンオフ自体の主役は誰かしらん?



ってのもあります。



角田さんか、いたみんか・・・。ってのもありますし。大胆にもかんべーで・・・。



なんて、ぜいたくかしらん。?



なにはともあれ、楽しみ楽しみ。わくわくわくわく。(´∀`人)

2012-06-21

てなわけで・・・また、靴下が破れました。

K3340030


その後の母。



別の違和感を訴えるので、医大整形外科での受診の時に、腰を診てもらいました。



結果、もう、治りつつあるのですが、薬の副作用で、また(!)圧迫骨折をした



ようです。もうね。またですよ。薬減らしてよ、経過良好なんだからさぁ~。



担当医ふたりとも、この件に関しては、やんわりと拒否するしぃぃぃぃぃ。



間接撮影をしたのですが、それでは、その部分は確認できなくて、しかも、



「だいぶ治まりつつあるようだけど、MRIの検査しますか?」



と聞かれましたが、



「いえ、いいです。」と即答したら(笑)、



かえって担当医があわてて、



「いや、やっぱり、やっときましょう。ここは研究機関ですから。」



と、取り消しました。(笑)



これこれ、センセイ。



いあ、それって、患者のことみてないし、医療費増えるし、



なにより、患者目線であまりにもなさすぎぃーっ。



患者のことを考えて、研究してねぇぇぇぇぇぇぇぇぇ。



と、叫んでみる。あ。取り消し×6をお願いします。



病院内では、母を車椅子にのせて、血液検査、間接撮影、診察、治療のために



使うコルセットの採寸、検査の予約などなどをこなして、なんか、自分自身も、



ぐったりとしたのでその晩、念入りに半身浴をしようと靴下を脱いだら、



一枚目に履く、



靴下1号絹五本指さんが、こんなことにっ!?



いやぁ、前回書いた母に履かせていた靴下1号さんもね、こんなになったのですが、



なんか、受けちゃったか、あたくしが履いていたのも、同じような空き具合。(~_~;)



毒が出るほどに体力が戻ったことを喜びます。



2012-06-08

何事にも理(ことわり)があります。

不思議に思われるかもしれませんが、世の中の物事は、



思ったようになるものではあります。



アメリカのドラマを観ていたら、医療ものなんですけれどね。



入院患者の一人が怪我を望むのです。完治を望まない。



完治したら、部隊に戻らないといけない。



完治しなければ、自分は家族のもとへ戻られる。



家族のもとへ戻るために怪我することを望んだのです。



ドラマだからなんて、思うかもしれませんが、



実際、あることです。



癌が一瞬で消えても、まだ、なにかこころにあれば、一瞬で癌が再生する



なんてことも体験しました。



なにを望んでいたかではなく、ちょっとした考え癖のなせる技でしたがね。



ただ、時間をかけて積もり積もった塵芥は取り除くのに、それ相応の時間が



かかるものだったりもします。



もちろん、100%その気。やる気であれば、その願いは、叶うのにそう時間は



かかりません。



100パーセントの「癌が消える」を望んだから、消えた。



そんなところでしょうか。



願望祈願してもしても、叶わないな、叶わなかったなって、



思うことがあるかもしれませんが、



叶えるのも、それを妨げるのも自分なんですね。



叶えるためには『こころのフォームを整える』ってことが大事なんです。



対立しないココロはすべてとつながり、すべてを完結させる。すべてを叶えます。



冒頭のドラマ。『Dr.HOUSE』ですが、



怪我をして、障害者となった患者は喜んで退院。家族のもとへ戻れると



担当医に手先が無くなった腕を振り上げて、満面の笑みを浮かべてガッツポーズ



をしたのでした。

2012-06-07

玄米小食

冷えとり以前から、お神札を使って、自分へのヒーリングをしていたのですが、



ご存知のように、これも神さまからのいただきもの。



ぽん!って、降ってきて、臣さんに書いてもらったもの



だけ!!(笑)



あとは、感じるままに使い方をこんなかな、あんなかな



と、していたのですが、冷えとりの解説書から、めんげんなる好転反応って、



一緒、一緒と、かぁ~るい気持ちでいましたよ。



お神札を敷いて寝ていたら出始めた汗疹だってそうだし、寝巻の変色、



耳たぶの乾燥かと思っていたもの凄い寝ている時の耳だれは、



消化器系の毒出しだと知り、つながりに感謝していましたよ。



暖かいものですから、ついつい、靴下とスパッツの重ね履きを続けていましたら、



本にあるように、半身浴と小食もしくは断食で、毒出しとなるようです。



今までの量を食べると苦しいので、一日の食事はおにぎり2個とパン1個を



食べ始めていましたら、(とーぜん、食事は母とは別。)



母の状態が思わしくなく、かといって、じっとしていたらいいと言うので、



母の靴下を完全冷えとり仕様(笑)に変えて一週間ほどしましたら、



まぁ~大変。



*お食事前の方はごめんなさいね。*



 



 



 



以前から、おかしいなと思ってはいたのですが、大量の宿便がっ!!!



本人があせるほど、止まらないっ。



母の寝床には父の介護用シーツを敷いたり、おむつは嫌らしかったので、



パットを買いに走り、毎回トイレを掃除していましたね異様な臭いがするもんで。



そんなこんなが、5日ほど、続きました。(~_~;)(~_~;)(~_~;)



腰の違和感は、肝臓だな、とも思いましての冷えとり靴下履かせ作戦に



出たのですが、これで、少しは肝臓の毒出しになったかと思っています。



通常、冷えとりの毒だしはある程度の体力ができないと始まらないそうです。



母もお神札を敷いていたので、以前から少しずつ、宿便が出ていたのですが、



今回は肝臓さんもいっぱいいっぱいだったろうと思います。(そっと涙を拭く)



10年近くステロイドを大量に飲んでいますからねえ。その病が食べるせいか、



食べても、食べても母の体重は増えない。38キロあたり。このあたりの話も



なんかの本にあったな~。



これも、龍王陛下のおっしゃられた膿のひとつかしら・・・。



などとつぶやいてみたりします。(笑)



ところで、当方は小食になったので、70キロ目前だった体重も減り、58キロに



なりました。でも、まだ、耳だれは続いているので、せっせと、玄米のおにぎりを



こさえて食べていましょう。



昔のパンツがスパッツ履いた上でも入るなんて、ショーゲキ的で感激だわっ。



うふっ♪



タイトルに玄米小食なんて、書いたけれど、結局、話、流れてるなぁ。





プロフィール

天ト占と臣

Author:天ト占と臣
師匠こと物忌み(巫女)の天ト占(あうら)と弟子で審神者(さにわ)の臣(をみ)です。
神さまからのご紹介や本館ブログを読んで来られた全国の皆さまのさまざまなご相談にのったり、ご依頼からお祓い等の神事をしておりますが、ここではそれをしていない時の天卜占と臣の普通の日常。主に好きな食べ物や本にドラマや映画についてを綴っていますが、やはり神さまからのお話になっているようです(~_~;)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント