2012-08-24

いろいろ減量・・・(^^ゞ

ついに・・・体重は53キロ台へー。



食べなくて大丈夫なのかと、疑問に思われるかもしれませんが、



30代に入って、朝ご飯を食べない生活になり、徐々に一食半、



そして、今では、玄米3白米2のおにぎり(たまに、まぜご飯)一個か、



野菜を煮たものを二くち三くち。たいていは、お味噌か、トマトの味です。



自然と食べなくなったので、というか、食べ過ぎるとてきめんにできていたのが、



口内炎か口角炎。



この10数年は、信号だったのですねえ。



お神札のおかげで、汗などで排泄していたのに、どこかで、自分は知らず知らず、



カラダを放置していたのですね。そのことに気がつけてよかったです。



今は、冷やしすぎないように。そして、自分のカラダを丁寧に扱ってあげるように



こころがけています。



ご相談で、感じるのですが、悩んでいると、自分のことなのに、自分を大事にできていない



こと、多いです。



偶発的なことと思うかもしれませんが、潜在的にはそれを求めていたりしています。



自分を大事にする。



そう、決めていたはずなのに、まだまだ、トレーニングが必要。



そんなこと、と思うなかれ。ひとというものは、案外、訓練されているものなのですよ。



長い癖であれば、あるほど、期間はかかりますが、そう、思っておけば、なんなく、



越えて行けたりします。



過ぎてしまえば・・・、ってやつですね。



さて、食べることをやめたら、ゴミが減りました。(笑)



週二回の燃えるごみ。は、コンビニ袋の小程度。



週一回のリサイクルプラ。は、二週に一回の量。



半額ゲッターは返上です。(笑)

2012-08-17

うつくしき日本の在り様 『伊勢神宮の智慧』

41g8vthpo5l__sl500_aa300_


9月に、お客さまが何人かで、伊勢神宮へ参拝されるそうです。



その頃には、暑さも和らいでいるといいですねえ。



そんな、伊勢神宮のビジュアルブックをー。



読んだのは、随分前になっちゃいましたが、取り出しては何度も読み返しています。



伊勢神宮が、伊勢神宮で在る所以。



それは、連綿と変わらない思いを伝え続けること。



そして、畏敬の念を持ち続けること。



謙虚に。



する側からしたら、それは、当り前の、呼吸と同じくらいのものなのでしょう。



自然災害は、突然やってくるのですが、その自然の在り様を在るがままを



受け取ることの意義を感じ入ります。



2012-08-06

自分 サラメシ

ごぼう、にんじん、エリンギ、シラス入りのおむすびです。



『きのう何食べた?⑥』よしながふみ 著



に載っていたレシピの応用でー

K3340042



具財を麺つゆで煮るとあるのを、麺つゆがなかったので、自分好みに白だしと



他のこんぶやかつをだしとまぜたおつゆで煮ました。



こうでもしないと、お醤油などのいただきものが減りませんわ。(笑)



ほぼ、毎日、玄米3・白米2の割合で炊いた、ご飯をおむすびにして、食べています。



ご飯を炊いた時に、まとめて何も入れないおむすびと、まぜご飯のおむすびを



作って、冷凍しています。



K3340043


今回は、たらこ入りも作成。これは、当日食す予定で。



毎日一個か二個を食しています。たまに、根菜の味噌炒めを食べます。



小腹がすいた時は、全粒粉のビスケット。それと、ナッツ類。



食べ過ぎると、てきめん、『食べ過ぎよ。』とカラダが反応します。



先日もかなり久しぶりの方から、お誘いを受けまして、通常は、お茶をお願いする



のですが、こちらの都合で、ランチタイムの待ち合わせになったので、一回ぐらいはと、



日替わり定食を食べましたら、やはり、食べ過ぎ信号が来ました。すごいです。



カラダから、ダイレクトに知らされるので、気を配っています。



気にかける、加減を知るという、自分へのトレーニングなのですね、これもね。



そして、自分へ何を取り入れるか・・・も、ですね。



只今、54.8キロ。



でも、70キロあった時と、どこが違うン?と、言われると・・・(~_~;)



わはっ。笑うしかない。

プロフィール

天ト占と臣

Author:天ト占と臣
師匠こと物忌み(巫女)の天ト占(あうら)と弟子で審神者(さにわ)の臣(をみ)です。
神さまからのご紹介や本館ブログを読んで来られた全国の皆さまのさまざまなご相談にのったり、ご依頼からお祓い等の神事をしておりますが、ここではそれをしていない時の天卜占と臣の普通の日常。主に好きな食べ物や本にドラマや映画についてを綴っていますが、やはり神さまからのお話になっているようです(~_~;)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント