2012-09-27

大人に見せたい忍たま(笑)半分は、本気よっ!その1

もう、放映が済んだから、あとは、掲載誌のコミックを読むか、再放送を待つしかない

のですが、春から始まった新シリーズのアニメ『忍たま乱太郎』の最終エピソードが

なかなか良い話でした。

作者の尼子騒兵衛さんが東日本大震災を受けて、描きたいと思った話だそうです。

今、就職活動しているおとなたち。

疲弊しているすべてのひとに、考えてもらえたらと思いました。

《あらすじ》

兵庫水軍総大将の第三協栄丸さんとこの海賊、白南風丸さんと、長年忍術学園の

へっぺこ(笑)事務員・小松田秀作を追いだして、そのあとがまをねらっていた

出茂鹿之助が、学園長先生のいつもの(笑)思いつきで(笑)、身隠しの盾役

オーディションを忍術学園 で競い合うことになった。


この中ストーリーの中ではいくつか、こころにおちることばやエピソードがあるんです。

これも、そのひとつ。

成績の良い一年い組は出茂鹿を、実践に強い(笑)一年は組は白南風丸を応援する。

もともと、白南風丸はよいアドバイスが聞きたくて乱太郎たちを探してやってきたのだから、

当然、乱太郎たちは彼を応援する。その結果、乱太郎たちは数々のアクシデントー

妨害に見舞われるのだが、乱太郎たちを応援し手伝う保健委員の先輩から、

「なんの証拠もないんだし、(妨害をしている)犯人捜しをしている時間はない。

今、我々がやらなければならないのは・・・」

「薬を作ることですね。」

「そうだ。後ろを向いてる暇はない。後ろを向いていたって、前進できない。

と激励され、白南風丸さんのために手を尽くす。この場合は船酔い止めの薬作り。

(船酔いする海賊ってどーよ。(笑)ついでに泳げないって。。。)

うまくいかなかったり、予想外なこと、想定外なことも含めて、前に進む。

前にすすむことに集中する。

自分がなにをすべきか。自分がなすべきこととは何か。

それを考えずに、ただ。闇雲に走れば、方向を見失うのは自明の理。

方向音痴もはなはだしい。ということになる。

今、目の前に在ることに一生懸命でいれば、道は開けるのだ。


ところで、名前の『白南風丸』って、読めますかぁ~?

『しらはえまる』です。南風と書いてはえと読むのは方言かと思っていたのですが、

全国的に通用するのですねえ。

2012-09-26

無印良品のジンジャーカレーをアレンジ♪

保存用の食品は賞味期限とのタタカイ(笑)



まだ時間があるから~なんて思ってたら、半年たっちゃってたゼ┐('〜`;)┌



なんてことが、よくあります。



今回のサラメシは、そんな期限間近の(笑)無印良品のジンジャードライカレー



を使います。

K3340055_3

冷凍保存していた野菜炒めと残り物のお豆腐 を入れて作りました。



カレー自体の作り方には、本品は、ミンチ肉は入っていないので、ミンチ肉は別買い。



で、ネットで調べたら、ドライカレーのミンチ肉のかわりにお豆腐を使うとヘルシーだ



とかで代用しました。



K33400542

味覚がころも(子供)には辛いけど、おいしゅうございました。



蒸し焼きしたキャベツの甘さでなんとかかんとか食べられました。( ̄▽ ̄;)



MUJIのカレー。イケテますよ。



おごちそーさまでした。(´∀`人)

2012-09-23

猫が幸せなら 人間も幸せ

『エルミタージュの猫たち 女帝と猫と名画の奇妙な物語』BSNHK



を観ました。



猫が出る番組かと、食いついちゃいましたが、またひとつ、歴史のおさらいです。



ロシアのエルミタージュ美術館で美術品を警護するねこ部隊(笑)のお話しでした。



常時50匹ほどの猫が名画をネズミから守っているそうです。



それも、エカテリーナ2世の時代から。



在位期間は、フランス革命(ベルばらで、ヨーロッパの歴史にハマったひと(笑))の頃



だから、それ以来ここには猫がいるのですね。



一時はいない時もあったそうですが、やはりネズミを駆除するために再び、猫部隊が



警備しているそうです。



食事担当者がいて、医療担当者がいて、休憩所も完備(笑)。



また、第二次世界大戦時は猫たちにも受難の時期を人とともに過ごしています。



この街に猫がいなくなったのですね。



詳しい内容は書きたくない話なので、ここでは書きませんが、



ご興味のある方は、少し調べてみてください。



今回の天災でも、ペットを飼えなくなったり、亡くしたりの記事を目にしますが、



動物や植物もまた、われわれと同じ空間を供用していることを見失わないようにー。



私たちは、私たちだけでこの世界を生きているのではない。



同じイノチ在る者たちと共にこの世界の在るのです。



そんなことを思い出させたのは、このエピソードです。



サンクトペテルブルグ大学の構内にはねこの銅像があるのですが、



そこには、こんな言葉がきざまれています。



『猫が幸せでいる限り、世界は平和である。



人類は猫に感謝すべきである。』



と。



Dsc00018  ね~むれ ね~こねこ~♪ね~むれよォ~♪



あたいのおなかの上で熟睡ちうのところを激写!しました。



ところで動物・植物は龍神界とも関係しています。

2012-09-21

炊飯器を使って茹でて~♪ 栗のジャムぅ~♪♪♪

今年も栗をいただきました。



昨年作った分のジャムも終わっていたことですし、母からのリクエストで少し味見に



食べて、残りはジャムにしました。



今回、下ごしらえは炊飯器で。



ネットで簡単な下茹ではないものかと探しましたら、炊飯器を使ってされる方法を



何点か見つけました。量もそれほどではないので、五合炊器でも十分です。



釜に栗を入れて栗に水がかぶる程度に入れたら、早炊きにセットしてスイッチぽん!



出来上がる間に、洗濯やらモップがけをしてました。



スイッチが切れたら、すぐに釜から取り出しました。何個かははじけていたので、



灰汁の出た水につからないよう注意して。



もちろん、はじけていたのはなんなく皮がむけたのでさっそく味見。(笑)



K3340055


そして、ジャム作りです。



使う砂糖の分量は、取り出した栗の実の7割。栗によっては砂糖だけで作らず、



水分を足します。水、または、牛乳。今回は豆乳を使用。



分量は好みの硬さによります。今回は1割入れる予定が、



中身480gに対して、200cc入れてみました。←栗剥きに疲れていたらしい。(笑)



K3340056


保存用の瓶は一度煮沸消毒をしましょう♪



そして、



K3340057


瓶に入り切れなかった分は、味見にいただきました。



おいしかったデス。ごちそーさまでした。(´人`)



2012-09-18

面白いもので、経験したものって、頭で理解しても役に立たないんですよ。

『相棒オフィシャルガイドブック3』が出ました。



ミッチー写真集などという声を聞きつけ、さっそく、購入。(笑)



お題は、その中の杉下右京役・水谷豊さんのインタビューからの抜粋です。



これの続きなのですがー



「意識してない時に、その経験がパッと自分のものになって出てくる



って感じられるんです。」



わかる、わかる。そーそー。



と、うなづいちゃいました。



なんだろ~な~。最初の感覚的にうまくいくことって多いのですよ。



でぇ~、身についていないと、二度目、三度目の再現が難しかったりします。



以前、芝居をしていた頃、代役だったのが本役になったことがありました。



その時、代役だからなんて、思わずに一生懸命演じたら、ほぼ、出来上がってしまい、



本役のひとが難色を示していたのもあって、そのまま役をもらえたのですが、



(当初は、全然セリフも役名すらない、その他大勢でした。)



ベテランさんからは、「ほぼ(役作りが)完成していたから、それを維持するのは大変だよ。」



って、言われましたっけ。(~_~;)



ただ、その劇団にいてある程度の仕上がりの雰囲気や座長の思考の方向性みたいな



ものはわかっていたので、深く考えずに、自分がそこで感じるまま演じていました。



これができていると、例え舞台でアクシデントに見舞われても、次にすることが体に



入っているので、落ちついて対処ができます。実際、立ち回りの相手のミスで



顔面を殴打されたとき、なんとか切り抜けて、舞台袖へとひっこむことができましたもの。



生き方も同じで、自分のあるところ。所在をはっきりとつかんでいれば、自然に



できています。



横風が吹こうとも、予想外なことが起きても、機転を利かして影響を最小限にとどめたり、



なんとな~く、やり過ごせたりができます。



ところで、アファメーションである、ことばも身につかないまま、使いつづければ、



できていないことへと意識がフォーカスされることもあります。



要注意。気をつけなければなりません。



できていない自分をフィードバックしていることと同じ作用になってしまいますからね。



だから、力を抜くことも大切。意識を広げることが必要なんですね。



適当という言葉は、その場にあっているさまー様子なんだな~と感じます。



決してでたらめなのではなく、ファジーにいい加減。



ようするに、良い加減というものがあるのですな。



ところで、これもまた、本館のこの記事とセットなのですわ。O(⌒Δ⌒;)てへっ



前後して、やわらか~く感じ入ったわけです。



9784819150446_2



スピンオフの劇場版が楽しみだなぁ~(´∀`人)



2012-09-10

援軍 来たれり

さてさて、検査のための通院がしばらく続いていた母なのですが、



結局、アタマが痛くなるような事態は起きず、なんだか、ぷっかぁ~に



やり過ごしております。なじょ┌| ∵|┘



ことの起こりは、春に主治医が変わって、新しい主治医から、難病認定されている病気の



(リューマチは別。これはやはり、薬の副作用から。)もうひとつの方は、治療が



されていません。という、あまりにショーゲキテキなことを言われてから。。。



いやいや、そんな、あなた・・・。



しかも、「なぜ、リューマチを整形外科で診察ってことになっているの?」



って言われてもねぇ┌| ∵|┘┌| ∵|┘┌| ∵|┘



こっちで勝手にしているのではなく、先生同士で話してそうなって・・・などと説明した



のですが、



結局それはおかしいから患者側から整形の先生に話して、内科へ戻してください。



┌| ∵|┘って、もう、わけわからん。。。



。゚(゚´Д`゚)゚。。゚(゚´Д`゚)゚。。゚(゚´Д`゚)゚。。゚(゚´Д`゚)゚。。゚(゚´Д`゚)゚。



なんと言っても、今の整形の担当医は「僕の専門は背骨です。(リューマチではない。)



だから、病院を変えても構わないのですよ。」まで、おっしゃって(笑)くださった御方。



σ(^。^*)ノもぉ笑うしかない・・・・・・。┌| ∵|┘踊ってみました。いやいや・・・。



気がちっさいから、そんな先生になんて言ったらいいのぉ~。などと思案して



(あ、そこ、笑うとことちゃうよ。)



でぇいっ!考えても無駄だぁ!



と、開き直っていましたら、あの宿便そーどーに突入し、その後、圧迫骨折も発覚。



整形外科へは担当医の専門の背骨へと診察のシフトが変わり(笑)、



リューマチ云々どころでなくなりました。O(⌒Δ⌒;)てへっ



そいでもって、その合間に内科の新主治医から「ブレドニン(ステロイド剤)を減らしましょ。」



てなことになり、5減らしたら、次回の血液検査で炎症反応が出てさらに、今度は、



「膠原病の専門医へ初診予約して、治療していなかった病気を診察してもらって



ください。」



なんだ?p(´⌒`q) なんだぁ~?p(´⌒`q)p(´⌒`q)なんですと?p(´⌒`q)



もぉ、さらに、わけがわからん。。。



でも、ここは、やはり、



でぇいっ!考えても無駄だぁ!



で、行くしかなく。\(^◇^)/バンザ~イ。┌| ∵|┘再び踊る┌| ∵|┘



増えた検査の合間に、初診として神経内科の前に膠原病内科へと・・・。



で、そこでもいろいろあったのですが、結論から言うと。



問題なし。



ブレドニンは1から減らしていけば、いいでしょう。という、ことに。



              \(^∀^)/



。゚(゚´Д`゚)゚。。゚(゚´Д`゚)゚。。゚(゚´Д`゚)゚。。゚(゚´Д`゚)゚。。゚(゚´Д`゚)゚。



 



あぁ、神さま、(いつもながら)ありがとうございましたっ。



結局、いつも、神さまがおっしゃられている、



流れにまかせる。



                        これにつきます。



なんでもかんでも自分でやろうとするから、すっごく大変に思えたり、



自分でやらなきゃあとか、自分ができるからとか、傲慢になったりするんです。



そして、あれこれいたらんことについつい口をはさんだりよけいなことに首を



つっこんでしまい、どつぼにハマってあちゃ~(>_<)ってなことになるんです。



いいかげん、そんなことはやめて、楽々おまかせ~で、いいんじゃないか



ってのが、神さまからのお話なのです。



いつもながら、長くってごめんなさい。

プロフィール

天ト占と臣

Author:天ト占と臣
師匠こと物忌み(巫女)の天ト占(あうら)と弟子で審神者(さにわ)の臣(をみ)です。
神さまからのご紹介や本館ブログを読んで来られた全国の皆さまのさまざまなご相談にのったり、ご依頼からお祓い等の神事をしておりますが、ここではそれをしていない時の天卜占と臣の普通の日常。主に好きな食べ物や本にドラマや映画についてを綴っていますが、やはり神さまからのお話になっているようです(~_~;)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント