2013-03-31

春をいただくー芹 卵とじ

K3340106
今年も芹をいただきました。
  

卵とじにしてみようかな。  



◆覚え書き◆

芹  分量不明(笑)
卵  2個(あったので(笑))
魚肉ソーセージ 1本
ちりめん お好みで   ・・・っていうか、あるものを入れてみました。(笑)

K3340107

いつものようにフライパンで蒸し焼きにして、あとから、ソーセージ等をいれて、
最期に溶き卵を入れてとじます。

K3340108

いっただっきまあす。(´∀`人)
おいしゅうございました。

2013-03-29

難しいことはわからない 別館バージョン『相棒11-19』より

「むずかしいことはわからない。」

『相棒11-19』と相棒スピンオフXDAYに出てくるセリフです。
前者の犯人は、わかることを放棄し、後者の伊丹刑事は、自分のやるべきことをやる。
と、して行動します。
この違いはなんなのか。
それは、自分と言うものの定義です。

11-19での犯人である君原はこのひとを愛しているという自分に酔い、結果、重大なことを
犯してしまいます。
愛する人の言うままに動きたい、動くと決めて、どこかで違法なことと認識しつつ、
罪を犯してしまうのです。
もう、こうなると確信犯ですな。
  
片や、伊丹刑事。ネットのことも、経済のこともわからない。
けれども、今ある結果として、認識していること、それはひとが一人命を失っている。
という、事実。
そして、なにより自分は刑事であり、殺人犯を捕まえることが自分にあたえられた使命である。
『正義とは矜持』こそ、伊丹刑事の立ち位置なのです。
うーん。かっこいいっ。このあたりは、『相棒』プレシーズンから登場している人物しての設定はぶれていません。
自分にプライドを持つこと。
そういう意味で行けば、前者の君原には、会社員として、そして、日本人として、人としてのプライドに欠けています。
そして、このあたりは、スピンオフともかぶりますねえ。
ちなみにサブタイトルの『酒壺の蛇』は、大阪の民話だそうです。概ね右京さんの説明通りなのですが、
同じものを読んでも、それぞれの立ち位置で解釈さまざま・・・って、ちゃうでしょ!
というか、峰秋パパ、うがった見解もはなはだしい。素直じゃないし、傲慢ですよ。
でも、息子カイトは純粋に育ちました。だから、スカウトしたという右京さん。
この後の花の里で、特命の成り立ちを聞けたのでしょうねえ。

なんやかんやで今期の『相棒11』カイト登場編は無事、終了。秋までお休みです。
全体的には、裏設定のキーワードは、『きのこ』と、『幽霊』だったのかな。
こればかりは、あまり考えずに、それこそ、つっこみ(笑)どころなどは考えずに楽しみたいもんです。
と、言いつつも、放送の翌日は臣さんと、しゃべりまくっていましたが。(^^ゞ
春のドラマは、『ガリレオ』押しかなあ。ただ、大分はリアル視聴ではないからなあ。
月9は、今のところ、深夜放送だものね。p(´⌒`q)無理っぽいなあ。
犯人・君原役の星野真理さんは、今期の朝日、木8ミステリー石塚さん主演『刑事110キロ』に出てるようです。
この役者さん、君原みたいな女性の役、多いし、ハマっているよなあ。
それと、110キロの後の9時台も刑事もの。刑事ものって、多くないかあ?
と、言いつつも、CS系の医療もの。ハウスに続き、お金持ち専属のかかりつけ医のミステリードラマを視始めています。(笑)



2013-03-24

53歳になりました。

みなさまからのお心配りのおめでとうのメールや贈り物に感謝しております。

さっそく、いただいものの中から、私のイメージだよ、と、呼んでいたと言う(笑)
羽織りものやおしゃれなレッグウォーマーはお誕生日におろして使いましたよ。
そいでもって、お誘いいただいたお茶会で、
「こんな53歳って、どーなの?」
と、自己つっこみしちゃう始末。O(⌒Δ⌒;)てへっ
でも、こんな自分も自分さっ、ふふふふふん。





こんな53歳で、今年もいっきまぁす。
どうぞ、生温かく(笑)もとい、ながあく、おつきあいくださいますれば、うれしいです。。。



追記

今年も母へお花の贈り物をしました。
以前、うちにもあった、サイネリアを久しぶりにスカウトしました。
蛇の目柄が多いこの花ですが、今回は単色にしました。
K3340103

写真を撮るのが少し遅かった。。。

2013-03-19

そして、なんかいい で続いてる

神札制作も、降ってきたイメージを二次元におこして、観えた感覚のままに重ねたものを
何点か、お店の常連さんにお渡しして、試してもらったら、
「なんか、いいです。」
という感想をみなさんからいただき、その後は、依頼の度に上司にお伺いをしつつ、作成して
やがてめでたく正式にメニュー入り。(笑)
この時に、増幅器だと教えられたものは二次元に視えるが、実は立体だと告げられた。
三次元ではわからないけれども、そういうものなのだと教えられて、へぇ~と感心しました。(笑)
この神札の制作も楽しいです。
ご依頼を受けて、潔斎して、ぽけら~としていると、色が降ってきたり、神託(メッセージ)が
先に降ってきたり、キーワードの後、ヲシデ(神文字)が降ってきたり、と順不同。(笑)
色の組み合わせもあったりして、降ってきたものを臣さんに渡して、臣さん、お籠り。
「けっして、中は覗かないでください。」BYおつう。鶴の恩返し・・・。
ではありませんが(笑)、籠って書きます。何点か作成して、色の出具合により決定して、重ねて、新たに魂入れをして、封入。私の方は同時進行で、神託を文章化して、
神事をおこない、めでたくできあがり。発送しています。
御和幣や、瓔珞も概ね同じ作業進行です。色が決まって合わせて行くのはとても楽しい。わくわくします。
わくわくのついでと言ってはとても不敬かもしれませんが、最近、周囲での香りに随分以前
香っていた香りがまた、香るようになりました。コノハナサクヤビメさま。
この時期は、風が強いので、花鎮め神事の折にお目にかからせていただいたことがありました。
その折にお伺いして以来のことです。

心地いいと言えば、現在続けている靴下の重ね履きも、もともとはズボン派ではなかった
自分には、ズボンを直接履くことにすごく抵抗があって、ストッキングとか
スパッツとかの上
の方が違和感なかったから、自分の感覚に添っていればよいのねぇ~と再認識。
それに、靴下何枚も重ねれば、そこそこ靴のサイズもあるもんで、(素足だと21.5でも大きい。)
なんで助かってます。(^^ゞ
それにぬくぬくだしね。心地よいです。うふふふふ。

2013-03-18

楽しいから続いてる 心地いいから続けている 別館バージョン

昨日の(3月17日)のNHKスペシャルの『ロボット革命』の冒頭に『クラタス』とその製作者の倉田氏が出演されていた。
この数日前に、昔読んでいたブログの方が未だに制作を続けてることに気がついて、その後の記事を読んでいた。
倉田氏は、鉄の現代アート作家さんで、ほぼ独学で制作をされているのだが、

人間が乗れるロボットができるのを待っていたが、誰も作りそうにないので俺はもう待てない、おれが作る!?

と、1/1のスコープドック(アニメ『装甲騎兵ボトムズ』サンライズより)を作り、
次なる野望は、搭乗タイプのロボットの量産。(!)
を目論んでおられる。そのロボットの名が『クラタス』
既に『水道橋重工』なる会社のサイトでは製品であるこの『クラタス』のPRから、
搭乗(!)の説明映像やらカッコイイことこの上ない。←大絶賛(笑)
驚くのはこれらすべては倉田さんの活動を知り、手弁当で応援しているみなさんが作ったというから、個人作成のレベルを遥かに凌駕しての話はデカイ。
いや、作っているものがものだが。(笑)
サイトのタイトルも『なんでも作るよ。』と、シンプル。(笑)
展示会に知らない人と作業するのも楽しいかもと、ブログで呼びかけて以来、ボランティアスタッフ
が集まるように・・・。その辺りの話も小気味がいい。
制作自体は、一人で決めなければ動かないのだが、決めて動き出せば、誰か彼かが助けてくれている
という、よい見本みたいなひとだ。
楽しいことをしていたら、楽しそうだね、と人が集まってきた。そして、それが大きなうねりになるのだなあ。
自分って、小さい。って、思った時、このサイトを覗くのもいいかも。
ちっぽな自分でも別にいいや、って、大きなものを見ていると思えてくる。
あと、ものを作るってほんっと、楽しい。
卒業制作の時や舞台制作の時もそうだったけれど、何かを作ってて、誰かと一緒ってのも、とても楽しかったりする。
知っている誰かや、それまでは知らなかった誰か。
卒業制作のひとつ。凧を作るのに同じモチーフの人と手伝いっこしあって、肥後の守で
手を真っ赤に腫らしながら、竹をけずったり、焼いて曲げたりした。
オペラの舞台では、プロのスタッフ集団の中で、舞台美術制作の彼女と女性は二人だけで、
しかも、自分、プロじゃなかったけど、いろいろと助けてもらった。結果、プロのおじさんたち
からも助けてもらえて、参加した素人の出演者は楽しく演じ、歌い、踊りの舞台は破格の大成功だった。

やあっぱ、楽しいことっていい。



2013-03-10

私は警察官なのです。 小説『杉下右京の密室』

犯罪を犯したものは何人(なんぴと)たりとも法のもとに正しく裁かれなければならない。
これは、原理原則なのですね、右京さん。



杉下右京さん単独任務(笑)の小説第三弾がでました。

『杉下右京の密室』です。
K3340096

著者 碇 卯人  朝日新聞出版 刊



ひとつは孤島もの。
そして、もうひとつは今回は外国枠ではなく(そんなものはアリマセン。笑)
都会での事件。
タイトルにあるように両方とも『密室』での事件です。
1話では、犯人あてと思い、すぐにわかっちゃいました。動機は・・・。
そして、2話は、『相棒』本編ではよくあるラストがいやんな、p(´⌒`q)あとあじのよくない話です。

まあ、好みがわかれるかも。
そんな、今回。3月7日発売なので、大分では平積みになるのは早くて9日と、半分あきらめ気味でしたが、9日は、まるっとカラダ浄化日として、外へは出ないつもりでいたので、
8日に手に入るとウレシイのだがなあ~と思っていたら、ふと、熊沢書店に有るような気がして
行きましたら、ぱりっと並んでいました。即効、買いです。うふふふふ。
そして、浄化日の前日夜に読了。
こころおきなく(笑)、9日の日中は浄化に専念しました。

2013-03-09

お館さまぁ~の最終回は、やっぱり来週だった・・・。

みっちーのお館さま姿がかっこいいなぁ~と思ってみていた、(時々ですけれどね。(~_~;)
テレ朝系のドラマ『信長のシェフ』
なんだか、二人して、「今週は相棒もお館さまも休みかぁ~。残念だぁ。」
と、呟いては、あれ?今週の番組表には、『信長のシェフ』は放送ありなのになぁ~、なんで?
と、繰り返していましたら、結局、野球放送が延びて最終回の放送は来週へ延期に。
こんなことが、まま、あります。(笑)
どうしても、行きたい場所に行けない。←無理につっこんで車をぶつけられたひと(~_~;)
したいことができない。←計画自体に問題がありすぎていたこと。

結論だけが、はっきりと存在している。
そんな事象。
  

思えば、あの311前後の時もありましたね。
東京へ行こうとしていたのに、チケットが取れていなかった友人の息子。
3か月前に引っ越しの日取りを聞きに来られていた依頼者さまへ、
「3月12日に引っ越しですか?
それはこの日に無理に引っ越そうとは思わないでください。」
と、お伝えをしていた自分。
3月1日から東北の不穏さをお知らせくださっていた龍神界をはじめ龍王陛下のお働きなどなど。を感じつつ、もの凄いきもちの悪さで目覚めてあの朝。
そして、別次元での喧騒。
時が流れて、一層、結論が明確に存在している感じが強いです。
自分の行く方向がはっきりとしたから、目の前の事象のショートカットが進んだと言っても
過言ではありません。
決めれば結果は早くなる。
そんな次元になっているのですね。
   
・・・・・・・。
こりゃ、本館ネタだったかも。
あぁ、そーそー、以前ブログで書いた、ステキなお話の『忍たま乱太郎』今週、来週と続きもので放送がされています。
珠玉の言葉がちりばめられたこのアニメ。お時間があれば、視聴してみてください。
作者の尼子さんが311以降、願いと祈りをこめて書かれた大人にも見てほしいお話です。

プロフィール

天ト占と臣

Author:天ト占と臣
師匠こと物忌み(巫女)の天ト占(あうら)と弟子で審神者(さにわ)の臣(をみ)です。
神さまからのご紹介や本館ブログを読んで来られた全国の皆さまのさまざまなご相談にのったり、ご依頼からお祓い等の神事をしておりますが、ここではそれをしていない時の天卜占と臣の普通の日常。主に好きな食べ物や本にドラマや映画についてを綴っていますが、やはり神さまからのお話になっているようです(~_~;)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント