2013-04-30

ダイアモンドは傷つかない 一条ゆかり原作 『プライド』

ミッチーつながりで(笑)映画版『プライド』を観ました。
原作が好きで、既にコミックは既読しています。



オペラ歌手を目指す音大生の緑川萌(満島ひかり)は、日々バイトに励む貧しい音大生。
アルバイトで訪れた豪邸で、同じく音大でオペラを学ぶ麻見史緒(ステファニー)と出会う。
だが、史緒に誘われて一緒に出掛けたオペラ劇場で、人気オペラ歌手の娘という美貌と才能に恵まれ裕福に育った彼女と、貧しい母子家庭育ちの自分の差を思い知らされ、激しい嫉妬を覚える。
同じ日、史緒は父から破産を告げられる。夢への道を突然絶たれた史緒は、チャンスを掴むためオペラコンクールに出場。だが、対抗心から同じコンクールに出場した萌に心の隙を突かれて動揺、優勝を奪われてしまう。汚い手を使う萌に怒り心頭の史緒。
やがて、萌はコンクールを主催したレコード会社副社長の神野隆(及川光博)に恋心を抱くが、
彼は史緒に結婚を持ちかける。その一方で、大学のピアノ科に通う池之端蘭丸(渡辺大)と知り合った史緒は、彼の母親が経営する銀座の一流クラブで歌手として働き始める。
ともに音楽に夢をかける者として距離を縮めていく2人。そこへ、神野の気を引くために女を磨こうと考えた萌が現れ、ホステスとして働くようになる。
ある日、スランプに陥った史緒が遅刻。代わりに萌がステージに立つと、その歌声は聴くものを魅了。それを目にした史緒は自分の歌を磨くため、オペラを続けることを条件に神野と婚約する。
事あるごとにぶつかる2人だったが、客のリクエストでデュエットを行うと、息もピッタリな最高の歌声を披露する。それを聞いていた蘭丸は、3人でユニットを結成し、ニューヨークの音楽プロデューサーが参加するコンサートに出場することを提案。ユニット名は3人のイニシャルを取った“SRM”。
史緒は蘭丸と自分自身のために参加を決意する。だが、史緒と神野の婚約を知った萌は、怒りに任せて彼女を殴り飛ばしてしまう。果たしてSRMのライブは実現するのか? 萌、史緒、蘭丸の3人は、それぞれの夢に向かってどんな一歩を踏み出すのか……?
    公式のストーリーより

ワタクシ的には、世界へ出て行った三人三様のドラマが交錯する映画化以降のストーリーに
ハマりました。おもしろかったです。
なんてったって、描かれるのはオペラの世界ですよ。
オペラ『薔薇の騎士』なんて、制作されたあの時代の昼メロみたいなもんですよ。(笑)
映画版では、ちょっと、違うかなあ~。
キャストのバランスがびみょう・・・。(;一_一)
特に、緑川萌役の満島ひかりちゃんの造型が重い。
原作では背負ったものが重い分、見た目はさばさばしていて、そうドロドロに感じなかったけれど、映画版では、いかんせん、テイストが甘い、造形がチャーミング。
だから、対峙したとき、すっごく小者に見えました。
真木よう子さんのような雰囲気で、どろどろの方が萌ちゃんっぽいように見える。

でー。結局、タイトルの『プライド』について、考えてみた。
『プライド』の具現化した存在が、史緒にほかならなく、これが『誇りと奢り』であれば、
萌も主人公となりえたと思う。
けれども、作者がタイトルを『プライド』とし、結末では、トリックスターでネガティブの具現化
であった萌は人としての尊厳を取り戻して死んでいくことを考えると、やっぱり主役は史緒だ。
これは、新しい『小公女』の物語なのだ。
お金持ちでなくなっても、常に堂々として毅然としたプリマドンナの呼び名ににふさわしい
女性ー史緒。
その誰もが持つことは叶わないもの持つ存在だから、ひとは彼女を羨望し、ねたみの対象とする。
品性とは、環境もあるけれども、結局は本人が持っている魂そのもの。
宿っている魂のレベルに起因する。
品性が卑しければ、その魂は卑しく。高潔な魂持つ人は、泥の中でも咲き誇る蓮のごとく
毅然とそこにあるものだ。

あぁ、ミッチーね。ミッチーだったわ。←褒めています。(笑)
かっこよくて、ちと、やなやつなんだけれど、じつは、いいひとの神野さんに似合ってました。(笑)

2013-04-23

あるといえばある。ないといえば 相棒シリーズ『XDAY』

さてさて、『XDAY』を観てきました。
レディースデイ。水曜日の昼間にも関わらず、観客が多かった。


K3340117
ノート仕様のパンフレット。ページはもちろん、右京さんと神戸のところ。

  

"謎のデータ"がネット上にバラ撒かれ、削除された・・・・。
         直後、燃え残った数十枚の一万円札と男の死体が発見された現場で、警視庁捜査
一課刑事・伊丹憲一とサイバー犯罪対策課専門捜査官・岩月彬は出会った。
死体は東京明和銀行本店システム部の中山雄吾。ネットに不正アクセスし、機密情報を
流していた疑いで、サイバー犯罪対策課にマークされていたのだ。
殺人事件として真実を追う伊丹、不正アクセス容疑を追う岩月。
いがみ合いながらも、共に捜査を進めていく二人だったが、目に見えない圧力に曝され、
捜査は行き詰っていく・・・。

     公式サイトよりの引用

ばっさり、ネタバレ。(笑)
ほぼ!先行のノベライズ本と一緒!!
       以上               m(_ _)m



いやいやいやいや・・・・・・。
ひねりはありません。
いつものことながら、解決したけれど・・・・・・完結はしていません。
けれども、
「さっぱり、わからない。ははは~わはは~♪」 ガリレオ風にいや、古美門か?

下っ端
いや、若い政治家や官僚たちの権力志向なのかもしれないけれども、そんな別な意味での最悪シナリオで、
権力闘争に使う?
動機が??
意味不明???

しかも、主人公は伊丹であって、右京さんではないので、殺人の犯人逮捕で終わりです。
一応、伊丹は引きます。そして、エンディング。

今後、神戸のキャラを膨らませて、官房長殺人事件後日談編とXDAY
完結編
なんぞを作ってくれたら喜びます。(笑)
K3340116


ところで、お題の『ある』と『ない』   ですが、
お金は、兌換ぶつ。
お金という紙幣に価値があるか、ないか。
そして、物がなくても、同等の価値を持たせたりします。
これは、有価証券とかまあ、いろいろ。
かつて、ある事件で刑務所暮らしを経験した月本幸子に語らせています。
「お金って、信用なんですね。」
と。
マーフィーの本に父の財産は沢山あるけれども、それは、先の大きな事業に使うために
取っておいて、自分の学費を一生懸命バイトした給金で払い、大学まで自力で卒業した息子に
父は、言います。
「あれは実は、無かったのだ。」と。
けれども息子の心には、そのお金は確実に存在していたのですな。
幻想と侮るなかれ。
お金と言う存在自体が、幻想なのですから。
お金に関わらず、あると思っていたものがなかったり、
ないと思っていたものがあったり、なんてことは、この世界ではよくあることです。
それがわかれば、この真理が理解できたら、
『人生なんて、ちょろいちょろい。渡る世間は甘かった。」
         もと女子野球チーム メイプル監督 名将・広岡真理子 座右の銘
となれるんですわ。(笑)

2013-04-22

見えないものが見えてくる時 『皇室日記』特別編

1106275071



日本テレビで放送されている(らしい)『皇室日記』の放送からと言うことで未見のため、購入。

遷宮とは、何か。
それは、思いを伝える作業。
過去から伝わった技術に、今ある最高の技術をさらに込めて、奉仕するこころ。
畏敬の念がカタチとなったもの。
技術は、出来上がったものから見えるのではなく、その経過から見えてくる。
伝えられたものは、技術だけでなく、それに至る思いなのだ。
深い思いは、長く長く続く。それは、希望がカタチとなって眼前に現れる。
今に在る。その先へも伝える思いの強さが脈々と流れてくる。
 

2013-04-17

少しずつ落ち着いてきたかな・・・。母と父の介護認定の事

あちこちで、お花さんが開花していたのですが、ぽけぽけしていたら、タイミングを
のがしていたり・・・。と、今年はどなたも開花が早くて、お花を愛で損ねています。
くっすん。

3月末からは手続きの春で、母と父の介護認定の更新を申し込みました。
母の手続きは、近所の包括センターから連絡をいただいたので、気楽でした。
しかも、今回の認定員さんは、以前も来られた方。
お見えになった時に、こちらも、あら?と思っていたら、認定員さんも、覚えていてくださっていて、
「2011年の時より、(母の)顔色もよくなっていたけれども、娘さんも元気になられて安心しました。」
とのこと。
あの時は・・・。ねえ・・・。311以降の影響で不安を訴えて来られる方のメール対応に追われて、少々よろよろ(笑)でしたから。
父の方は、病院併設の介護支援センターに今年も依頼しています。
今までは、とりあえずオーケーでしたが、今回は一旦、相談員さんからの連絡待ち。
状況を確認してから・・・とのこと。考えたらそうですよね。
我が家でも一時はあぶなかった父。
そんな時は、認定依頼なんて、デキマセン。(笑)そこまではなくとも、安定していないとね。
以前の事。県内外、国外にも介護支援のノウハウを教えておられる社長さんからのご紹介で、
なんとか、開所したばかりのグループホームの受け入れが決まり、市外でしたが、入所していたのですが、
やはり、まだ職員が慣れていないので対処できませんとのことで、数日で病院へ戻ったことが
ありました。入院している病院併設の特養が開所してすぐの時でも、申し込みに行った時に、
介護度5の方の受け入れ態勢がまだ、整っていません、とやんわりお断りされました。
そりゃ、そうです。完全寝たきりほど、重篤ではなく、『まだら』状態で、院内でも状態の安定を目標にしていましたものね。
このあたりが、介護の難しいところです。
認知状態が進むと、怒りっぽくなったり、凶暴な性格が現れたりするケースがあります。病棟内で観察していると、いろいろな症状があり、慣れた職員さんの対応のよさには感心します。ありがたい。これこそ、本館で書いた「わしゃ、ムリっ!」てやつです。
新宅の叔母は今のような介護制度ができる前に当時の一族の長老
(父が倒れて以来、年の一度の『先祖祭』という、父方一族の集まりに参加していないのでよくわからないが今や、うちの父が最長老らしい。役員さんからの連絡ではじめて知った。)
の介護をされて、その頃は珍しくて週刊誌でも取り上げられるくらいよく面倒をみている
お嫁さんとして有名だった。
なにが、当り前かなんて、ないのだけれども、その都度、なんとか、なるもんだなあ。
とりあえず、父の状態は落ち着いているので、そのうち認定が行われると、連絡をいただき、手続きに必要な書類を病院へ行った時に届けてきた。
母の方の減薬も着々と進んできているので、このまま激しい副作用なく過ごして行けたらいいなあ。

K3340115

花束をいただいた。ありがとうございます。
カーネーションなので、少し早い母の日だと、母は喜んでいたです。

2013-04-06

べた凪 ~ こんな日も或る ~

毎日毎日、あれこれすること、やることが立て込んでいたのが、一段落した時。  
あぁ、この機会にあれもやりたい、これもやりたい。。。が無くなりました。
以前は、これでもか~と空いた時間にはいろいろしていましたが、
今は、集中して行い、後はぼへ~☆とか、ぽけら~☆として、すごしています。(笑)
これが最初はけっこう難しかったです。
瞑想状態に入るにも、少々テクニックが要りますよ。
瞑想は、教本とかもありますけれどね。
最初は、じたばたとして、ぽけら~☆に入っていました。
やがて、それもなくなり、スイッチ入れが楽になりました。
そして、最近は、それを凌駕するような感覚が
押し寄せ・・・ないっ!!。なんにもないっ。
入力出力すらもない感覚に。
こうなると、選別、選択とかもない。
来たもの。起きたことを淡々とする。
失敗しても、前ほど「自分はだめな人間だぁ~。ぐはぁ~。。。」
と責めなくなりました。
善もない悪もない。
どかすると、上も下もない。
敢えて言うなら、神道の概念である、
『清(いもの)』と『次(のもの)』
でしょうか。
なにも比べない。
比べられない。
よいもわるいもない。
日々を丁寧に生きる。
これが、自分を丁寧に扱うにつながります。
トレーニングといったところでしょうか。
でも、楽しい。なんだか、楽しい。
つながっているみなさんへがんばれ、がんばれ。とエールを。
起きている事ごとの只中へいる人へ、がんばっているねえと、声をかける。
そうして、少しずつ、光の中へ光の中心へとみんなで流れています。
Sh350310

道は、つづいている♪

プロフィール

天ト占と臣

Author:天ト占と臣
師匠こと物忌み(巫女)の天ト占(あうら)と弟子で審神者(さにわ)の臣(をみ)です。
神さまからのご紹介や本館ブログを読んで来られた全国の皆さまのさまざまなご相談にのったり、ご依頼からお祓い等の神事をしておりますが、ここではそれをしていない時の天卜占と臣の普通の日常。主に好きな食べ物や本にドラマや映画についてを綴っていますが、やはり神さまからのお話になっているようです(~_~;)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント