2015-02-12

お芋とりんごの重ね煮

KIMG0088.jpg

で、時間ができたので、いだだきもののお芋とりんごで重ね煮を作りました。
りんごは水分が抜けていてそのまま食べたら味が落ちていたので煮ることにしました。
でも、りんごなどのフルーツや生で食するほとんどはめっきり食べなくなりましたねえ。
最近の料理に『重ね煮』というものがあるようですが、それとは関係ないです。
お芋は削ぎ切り。りんごは今回、大きめにしました。
フライパンにオリーブオイルを敷き、材料を入れて、蒸し焼きに。途中水分が足りないようだったので、
少し、お水を足しました。火が通ったら、いつものきび砂糖とメイプルを混ぜて、お醤油をかけたら
できあがり。

KIMG0089.jpg

おかずにも、おやつにもなる一品。食パンに載せて、トーストしてもグー。
おいしゅうございました♪

theme : 人生を豊かに生きる
genre : 心と身体

2015-02-10

運、不運と嘆くな、諦めるな!

久しぶりに本館記事をアップしました。
この記事の下原稿をお昼頃に送信して、夕方『忍たま』を観てましたら、
不運小僧の保健委員会のおふた方の善法寺伊作と乱太郎とが、外出先からの帰り、伊作の同室の留三郎と
出会います。二人は留三郎に
今日はここまで「いいことばかりが続いたからこの後の不運がー。」
とのたまいます。(笑)
それを聞いた六年生の食満留三郎が、二人を励まします。結局、二人はせっかく手に入れた薬を取り違えてしまい、
「やっぱり、不運~。(涙)」と嘆くのですが、同行していた留三郎は、二人を叱咤激励し、伊作の代わりに河に落ちたりして、(笑)
目的地の薬を取り違えた人のところへとたどり着きますが、結局そこで、おじいさんがけがをしたために手に入れた
塗り薬はおじいさんにあげてしまいます。
「人のためになったからいいんだよ。」と笑う伊作。
けれども、そんな伊作には、同室のよしみじゃないか、と助けている留三郎が存在します。
「運、不運を嘆くな、諦めるな!」
は、今回の留三郎のことばです。
と、ここまで来て、そのちょこっと前は、プロファイラーでは発明王エジソンの諦めない話を観てたことを思い出しました。
諦めないのその先も実は、あるのですよぉ~。
そんなことを思った、ひさしぶりの本館投稿でした。

theme : 人生を豊かに生きる
genre : 心と身体

2015-02-02

面倒くさいことが幸せなんだよ

BSフジで放映されている所ジョージさんの『世田谷ベース』
所さんの所さんたるライフスタイルが番組になっている、そんな番組。
その中に出てくるキーワード。『面倒くさいこと』
言い方をかえれば、手間暇かけて何かをする。
手がかかることをする。
いわば時間の贅沢ってぇやつ。
ここまでするぅ~?っていうような職人技や一般の方たちのこだわった手作りの作品たちの、
なんとまあ、贅沢な代物。。。タメイキが出ます。
考えれば、時間短縮が美徳のように、かつて手間暇かけたものが、簡単にできるようになって、
もう、エンデの『時間泥棒』は一体、どっちだよ、ってな昨今です。
行動の何かは、多岐にわたっていて、なんか、思いどうりに事が進まない時ってあります。
そんなときこそ、急がず、あわてず、丁寧にことを進めればいいんです。
自分を責めている場合ではありませんよぉ。
丁寧に、丁寧に自分を扱うこと。その訓練でもあるんですね。
日々の何気ないことの数々が自分を作っている、そう、感じ入っています。

そんなこんなのある日の一品

K3340227.jpg

頂き物の中から、鶏肉のハムのようなものと大根にゆで卵をいれて、甘辛く煮てみました。
K3340228.jpg

卵はゆでた後、何度も何度も火を入れていったので、煮玉子の味加減と大根のとろけ加減が絶品の
ものに仕上がりました。おいしかったデス。ごちそーさまでした。

theme : 人生を豊かに生きる
genre : 心と身体

プロフィール

天ト占と臣

Author:天ト占と臣
師匠こと物忌み(巫女)の天ト占(あうら)と弟子で審神者(さにわ)の臣(をみ)です。
神さまからのご紹介や本館ブログを読んで来られた全国の皆さまのさまざまなご相談にのったり、ご依頼からお祓い等の神事をしておりますが、ここではそれをしていない時の天卜占と臣の普通の日常。主に好きな食べ物や本にドラマや映画についてを綴っていますが、やはり神さまからのお話になっているようです(~_~;)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント