2016-01-27

食べること 生きること

食べることが好きな自分にとって、食べられないってこと、
多々、あります。
食べられるものが限定されて、はじめて、「あぁ、自分って、ほんと、食いしん坊やってんなあ。」
と、感じられました。

この数年は、多種の野菜を入れたスープか、炒め物を食していましたが、
最近は、単体であれこれと味付けを変えたものを食べています。
最近のハマりものは、人参の胡麻ドレッシングサラダ。
スライスした人参にすし用のお酢で下味をつけて、レンジでチンして、ドレッシングで和えます。
大根は、八丁味噌で煮ます。これにベーコンや焼き豚。またはゆでたまごや厚揚げなどを
一緒にいれます。
ごっちゃな思考が、単体シンプル思考へと変わっていきます。
いつも、あれこれと、同時に思考し行動していたのが、一つずつしか、進めない。(;^ω^)

お供えの餅をおろして最初はネギ餅に。次は、いただきもののソースを消費するために、
キャベツ餅にして、お好み焼き風にしましたが、ソース味が美味しく感じられない自分でした。
あれほどお好み焼きとか、たこ焼きとかの粉もん好きだったのに。(;^ω^)
この10年ほどケーキの類もそういえば、焼いてないなあ。クラフティとか焼いて入院中の父へ
届けていたのに・・・。
そうやって、変わっている自分にあらためて感じ入っているですよ。
ひとつひとつを丁寧に。
それが生き方へとつながっていきます。

theme : 人生を豊かに生きる
genre : 心と身体

2016-01-26

愛を込めて ~父から息子への手紙~ 

旅に必要なものについて考察をしていたら、『勇気』のフレーズが降ってきたので本館に
掲載しました。
そして、この一文を目にしました。

「私が相対性理論を提案したとき、ごく少数の者しか私を理解しなかったが、
私が人類に伝えるために今明かそうとしているものも、世界中の誤解と偏見にぶつかるだろう。
必要に応じて何年でも何十年でも、私が下に説明することを社会が受け容れられるほど進歩するまで、
お前にこの手紙を守ってもらいたい。

現段階では、科学がその正式な説明を発見していない、ある極めて強力な力がある。
それは他のすべてを含みかつ支配する力であり、宇宙で作用しているどんな現象の背後にも存在し、
しかも私たちによってまだ特定されていない。この宇宙的な力は愛だ。

科学者が宇宙の統一理論を予期したとき、彼らはこの最も強力な見知らぬ力を忘れた。

愛は光だ。
それは愛を与えかつ受け取る者を啓発する。

愛は引力だ。
なぜならある人々が別の人々に惹きつけられるようにするからだ。

愛は力だ。
なぜならそれは私たちが持つ最善のものを増殖させ、人類が盲目の身勝手さのなかで絶滅するのを許さないからだ。

愛は展開し、開示する。

愛のために私たちは生き、また死ぬ。

愛は神であり、神は愛だ。

この力はあらゆるものを説明し、生命に意味を与える。
これこそが私たちがあまりにも長く無視してきた変数だ。
それは恐らく、愛こそが人間が意志で駆動することを学んでいない宇宙の中の唯一のエネルギー
であるため、私たちが愛を恐れているからだろう。

愛に視認性を与えるため、私は自分の最も有名な方程式で単純な代用品を作った。
「E = mc2」の代わりに、私たちは次のことを承認する。
世界を癒すエネルギーは、光速の2乗で増殖する愛によって獲得することができ、
愛には限界がないため、愛こそが存在する最大の力であるという結論に至った、と。

私たちを裏切る結果に終わった宇宙の他の諸力の利用と制御に人類が失敗した今、
私たちが他の種類のエネルギーで自分たちを養うのは急を要する。

もし私たちが自分たちの種の存続を望むなら、
もし私たちが生命の意味を発見するつもりなら、
もし私たちがこの世界とそこに居住するすべての知覚存在を救いたいのなら、
愛こそが唯一のその答えだ。

恐らく私たちにはまだ、この惑星を荒廃させる憎しみと身勝手さと貪欲を
完全に破壊できる強力な装置、愛の爆弾を作る準備はできていない。

しかし、それぞれの個人は自分のなかに小さな、しかし強力な愛の発電機をもっており、
そのエネルギーは解放されるのを待っている。

私たちがこの宇宙的エネルギーを与えかつ受け取ることを学ぶとき、愛しいリーゼル、
私たちは愛がすべてに打ち勝ち、愛には何もかもすべてを超越する能力があることを
確信しているだろう。なぜなら愛こそが生命の神髄(クイントエッセンス)だからだ。

私は自分のハートの中にあるものを表現できなかったことを深く悔やんでおり、
それが私の全人生を静かに打ちのめしてきた。

恐らく謝罪するには遅すぎるが、時間は相対的なのだから、私がお前を愛しており、
お前のお陰で私が究極の答えに到達したことを、お前に告げる必要があるのだ。」


お前の父親
アルベルト・アインシュタイン
                    引用終わり
      
これもまた、どなたかへ届けられますように

theme : 人生を豊かに生きる
genre : 心と身体

2016-01-13

冬らしくなってきた。。。

KIMG0135.jpg
   
これはちょこっと登場する柞原さまの参道の脇に植えられているバナナの木。
何気にあちこちで見かけるバナナの木(正確には草なのかな。)ですが、ここんとこの
暖かさで、まだ、枯れていません。

写真の真ん中あたりの丸いのは花。
    
KIMG0136.jpg

花芽が伸びた真ん中あたりで枯れているのは実の部分。

KIMG0137_20160113141624cbc.jpg
   
新しく出てきた芽からの葉もまだ茂っていました。
バナナの結実と実の生育は土中の温度なのだそうです。
土中の温度も暖かかったってことですね。

そして、毎年気がつくと盛りが過ぎている招霊の木はもう花が咲いていました。
大体、3月頃が開花時期なのですが、ここは少し早い。
それが、さらに早い開花でした。

KIMG0141.jpg
   
とは言え、これからしばらくは寒い日が続くそうなので、みなさまもお身体ご自愛くださいねっ。
    
神事は一段落しましたが、今月は母の通院が多いので、私らもぬくぬく装備で行きますですよっ。

theme : 人生を豊かに生きる
genre : 心と身体

2016-01-06

次元を超えて タイムライン行ったり来たりぃ~♪

ふつーの日常ブログですが、ふつーに不思議ぃ~なことがあります。
   
ご依頼をいただいて、相談内容を伺うと、
天ト占「もう、とっくにそうされているとばっかり思っていました。」
と、答えるのです。
天ト占の現実では、それはすでに行われていて、すっかり、過去の出来事として、
認識を済ませているのです。
臣「いやぁ、あの時はなんのことかと、あせりましたよ。」
結果、そうなるのですが、いえ、まじ、そう、思っていたんです。
他にもよくあるのが、ニュースの内容。
あれぇ(・・?この人、以前受賞したんじゃなかったの(・・?
とか、最近は、年末に放送された、ギエム最後のボレロののカウントダウン。
これも、前の記憶にあったことでした。
えぇ(・・?今年だったの(・・?    みたいな・・・。 いえいえ、とても素晴らしいものでしたよ。
観られなかったなあ、と思っていたのが観られましたからね。
と、ここで、事象は変わったのですけれどね。

記憶力に自信のある自分ですが、記憶に誤差が生ずる。
自分にとって、過去の事象が現在のものとなる。
けれど、すでに起きたことだと思っているので、これは『予知』でもない。
『現実』や『過去』なんですね。
時間の流れが変わったなあ、ゆったりだなあと思うことは、多々あるのですが、
タイムラインでの出来事がとても遊離している自分の今を感じています。

theme : スピリチュアル
genre : 心と身体

2016-01-01

あけましておめでとうございます。

KIMG0120.jpg

穏やかな新年を迎えました。
   
穏やかで在るを念じた旧い年は去り、
穏やかに在る年が今に在る
只中の自分 世界 です。
   
KIMG0119.jpg
    
本年もどうぞよろしくおつきあいのほど
お願い致します。
    
感謝  天ト占と臣

theme : 人生を豊かに生きる
genre : 心と身体

プロフィール

天ト占と臣

Author:天ト占と臣
師匠こと物忌み(巫女)の天ト占(あうら)と弟子で審神者(さにわ)の臣(をみ)です。
神さまからのご紹介や本館ブログを読んで来られた全国の皆さまのさまざまなご相談にのったり、ご依頼からお祓い等の神事をしておりますが、ここではそれをしていない時の天卜占と臣の普通の日常。主に好きな食べ物や本にドラマや映画についてを綴っていますが、やはり神さまからのお話になっているようです(~_~;)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント