2016-05-27

和して唱えず 哀駘陀(荘子)と金ちゃんパパ(おじゃる丸)

 『おじゃる丸』(笑)でのお話。
坂田マンションの屋上に住む金ちゃんのパパは大金持ち。
そんなパパの仕事場で、社員たちは社長の金ちゃんパパに
「こんな仕事が来ました。」と報告するとパパは、
「うん。いいんじゃない。」
「はい。まとめてきまーす。」
てな具合で、社内は活気に満ちています。
なんでもみんながしてくれるのですることがない金ちゃんパパは喫茶一服へ。
そこに集まったメンバーが、月光町やる気のムーブメントを起こそうと言うと、パパは
「うん。いいんじゃない。」
「ではパパさん会長になってください。」
「うん。いいんじゃない。」
メンバーはパパさんを連れて町へ繰り出します。
誰もが自分の話をパパさんに話かけます。どの言葉に対しても、
「うん。いいんじゃない。」
それで誰もがやる気を出して町は活気づきます。
やる気のないおじゃる丸は耐えられず、やる気を吸い取る貧乏神の貧ちゃんに
なんとかしてくれと言いに行きます。
すると、以前金ちゃんパパに敗れた貧ちゃん、闘志を燃やしてパパさんにタッチ。
普通だと、これでやる気を吸い取るのですが、吸い取れない。
なぜなら、パパさんはやる気がわからない。やる気自体がパパさんにはないのです。
結局、また敗れた~と思う貧ちゃんなのでした。ちゃんちゃん。
   
これを観ていて、荘子に出てくる哀駘陀の話だ~と思いました。
無為自然な在り方を説く話に出てくる哀駘陀は見た目は醜く、地位や権力があるわけでも、
財力があるわけでもましてや知識があるわけでもないが、会えば誰もが魅了される。
それは彼が自分の考えを主張するのではなく、ただ、相手の話に同調するだけ。
これが『和して唱えず』の在り方。
荘子は、人の考えや言葉はあてにならない。突き詰めていえばどっちでもよいのです。
そうして、『徳のある人は愚かに見える』と説きます。
「聖人は愚鈍ですべてを忘れる。悠久の流れにに身を任せ、それでいて、一途に純粋な道を守り通す。
万物あるがままをよしとし、温かい是認の心はこれを包む。」
肯定し、歓迎する。まさに金ちゃんパパの「うん。いいんじゃない。」です。
哀駘陀も金ちゃんパパも議論はせず、だからこそ、男性にも女性にも老いも若きからも人気がある。
それは彼らが温かく包み込む、いわゆる包容力を持っているからなのです。
それ以上に彼らは自己を肯定し、自己を受け入れ、すべてを天命として自分の意見などはこれっぼっちも
はさむ必要ないとわかっていてそれを無意識で行っているところに、本当に徳である「主張しない徳」
にあるのです。
    
うーむ。(;一_一)いつか書きたいと思っていた、荘子の哀駘陀の話をおじゃるからひも解くことになろうとは・・・。




theme : 人生を豊かに生きる
genre : 心と身体

2016-05-06

もうひとつの変わらずの今

思い立って、阿蘇神社へお参りに行ってきました。
報道がされているように、大変な被害を受けておりますが、門前町のみなさまも25日から
少しずつ営業を再開されているという記事を読んで、行ける時に行って来ようと、出発。
(たてこんでいる作業の合間の逃避行なんてツッコみは無しでお願いね。(笑))
大分と熊本の県境竹田市菅生(市町村合併で竹田市は範囲が広い。私の好きな久住高原経由
でも竹田市経由なのよん♪でも帰りに阿蘇から久住経由ーと登ろうとしたらやはり、通行止めになっていました。(;^ω^))
経由で行かれるということなので、道がすっかり良くなった犬飼、朝地を経由して菅生の道の駅で一休憩。
いやあ、道がよくなって大分市内からここまでが早い早い。
そして、県境を超えて外輪山のへり。鼻と呼ばれる坂を下り始めるといつものような風景が広がっていました。
阿蘇神社参道ではなく、スーパー社長さんの経営しているスーパーの前を通り、
(あの社長さんが経営されているのですもの何の心配もありません。通常の佇まいお客さまがいっぱいでしたよ。)
お饅頭屋さんの前を通って営業しているのを確認。(笑)
変わらず、おじいちゃんがお饅頭を焼いていました。
ただ、違うことと言えば、通常のゴールデンウィークの場合、ここいらには私たちは近寄りません。
もんの凄い渋滞と、観光客の多さですもの、むりっ。わざわざは行ったりはしません。それでも今回は、行くこと、
観光することも復興のお手伝い。そう思った方も多いのではないでしょうか。
駐車場も満杯で何分待ちとかではなかったですが、多くの方がお参りに来られていました。
私たちは、駐車場の空いている場所を確認していたので、すんなり停められました。
お祓いお清めをして、倒壊した楼門の前に仮ごしらえの覆いとお賽銭箱が置かれ、仮のお参り場所で、
ご挨拶をさせていただきました。

その後は打ち合わせ通り(笑)臣さんは左のお饅頭のたしろさんへ。私は右の門前町にあるとり宮さん
向かいました。
こちらは揚げたてをいただけるので、周辺で待ってる方、食べてらっしゃる方。いつものような風景がありました。
お気に入りのささみの梅カツと馬ロッケをお持ち帰りで注文。揚がるあいだ少し周辺を散策。
それでも、古い建物をお店にしているところは、お店の前に
「揺れた時は、店の前から離れてください。」の注意書きがありました。この日も午前中に震度4がありましたものね。
数分後、とり宮さんへ戻り、商品をいただいて、駐車場に戻ると、臣さんが車の外にいます。
「お好み焼きを焼いてて、忙しいからって、待ちです。」
そうでした。お饅頭屋って私たちは呼んでいますが、お好み焼きもしてるんですよね。地元の方たちのご用達のお店
なのです。あちゃー。ちょうど、お昼過ぎだもの多いわな。来た時にも、ちょうど帰る人たちとすれ違ったのだけど、
お饅頭10個入りの箱を開いて抱えてました。焼きたては湯気が回るしつぶれたりするから。でも、うれしそうだった~。
思わず、にこにこしちゃいました(^^♪
臣さんも受け取りに行き、駐車場をでました。なんだか、たっくさんのお好み焼きをパックにつめていたそうです。
ほっと一安心して、いつものお昼休憩の場所。JAさんのお店へ。
臣さんは持ってきた玄米おむすび2個と梅ささみカツ。
私は梅ささみカツと全粒粉のパンひと切れ。馬ロッケはやはり1個は食べれないと思い半分こにしました。

ところどころ屋根にブルーシートがかけられている家屋をみかけましたが、
それほどの被害ある場所は道中みかけず、阿蘇神社周辺の方々が、わたしたちの身代わりに神社がなってくれた
と言われるのもうなずけます。
それほど、倒壊のショックは大変なものだったと思います。
冒頭に阿蘇神社社殿復興フェイスブックのリンクを貼りましたが、みなさん、前を向いて動き始めています。
それぞれができる何かをしていく。
それだけはいつもかわらないのですね。
     
あ~おいしかった。(*´ω`*)いけねっ。写真撮り忘れた。(笑)
    
    

続きを読む

theme : 人生を豊かに生きる
genre : 心と身体

2016-05-03

変わらずの今 ふつーの日常編

少し揺れが収まっている大分からこんにちは~♪
  
本館の『不思議な日常』に書きましたが、月の祓、月末の神事でいつものように早吸日女神社へ
まいりました。
   
佐賀関町に入っての道中、黒っぽい生物がのっそのっそと道路を渡っている。
ちょうど対向車線からの車もなく、渡り終えて頭を掻いていたその生き物。
何気に小太りでお腹の毛は黒く・・・。
た・ぬ・きっだっ (;゚Д゚) (゚Д゚;)
なあんて、呑気なんだ。わたしらの車が近づいているにも関わらず、あわてることなく
歩いていた。も~キンチョー無さすぎっ。
あまりのことに二人で唖然となり、写真撮り損ねた。
とろい(笑)あたしでも撮れそうな瞬間でした。
   
その翌日。お山の気をいただきに、奥豊後の山道へ。
すると今度は。
   
KIMG0249.jpg

雉の子供が2羽のんびり、のんびり道路を渡ったり戻ったり。(笑)
こちらも緊張感がなく、と言うか警戒心がなかったので、車を近づけることなく、しばらく見守っていました。
やっと、1羽は来た道を結局戻り(笑)草むらに消えました。
すると臣さんが、
「いや~♪今日あたり、雉さんに会えるかな~と思って来たら、会えたなぁ。満足満足。」
って、臣さんがまた(笑)、呼んだようです。(笑)
過去も鹿やタヌキを呼んで目撃しましたが、今回も!でした。(笑)
高いところで過ごす鳥さんたち、ダイサギ、コサギのコロニーは移動した模様で、
トンビさんたちの巣になっている場所の高所にも見かけません。この方たちはしばらくは移動生活です。
それでも、呑気な彼らを見てちょこっと安心しました。
日常が帰ってきているのかなあ~。それはそれで喜びましょう。
あわてず、あせらず。時に応じて過ごします。

theme : 人生を豊かに生きる
genre : 心と身体

プロフィール

天ト占と臣

Author:天ト占と臣
師匠こと物忌み(巫女)の天ト占(あうら)と弟子で審神者(さにわ)の臣(をみ)です。
神さまからのご紹介や本館ブログを読んで来られた全国の皆さまのさまざまなご相談にのったり、ご依頼からお祓い等の神事をしておりますが、ここではそれをしていない時の天卜占と臣の普通の日常。主に好きな食べ物や本にドラマや映画についてを綴っていますが、やはり神さまからのお話になっているようです(~_~;)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント