2017-07-16

みているようでみていない。

            きみは見ているだけで、観察していないんだ。
            見ることと観察することは、まるっきり違う。
                                      —「ボヘミアの醜聞」より

人は見たいものだけを見たいように見る。
と言うお話は本館ブログでしていますが、別館ネタとしては、カテゴリー『あなろぐな話』
テレビを観てのお話しです。

いろいろと一段落したので、録画していた番組を視ています。
もう過ぎてしまいましたが、7月8日はシャーロックナイト。
シャーロックホームズ生誕130年と言うことで、NHKのBSで謎解きライブやら
BBC版『シャーロック4』の放送があっていました。
ホームズは小学生の時にジュブナイル版で読んでいたので、大人になってから
聖典をちょこちょこと読んでいます。
グラナダ版のジェレミーブレッドがイメージににはぴったりなのですが、
いかんせん、ドラマにした時の改変はワタクシ的にはいまひとつです。

さて、冒頭のセリフはそのHPで紹介されていたもので、もちろんホームズのセリフです。
うまいこと言うなあ。
って感じです。
ほんと、人間はそんげあります。(大分弁まじり(笑))

そのあとの週で放送された『総合診療医ドクターG』でも、そのような話がありました。
過去に放送された回の解説編です。
監修されている総合診療医の先生の解説付きで、紹介されたのですが、
本放送の時、これ視ていましてね、「うーむっ。(-_-;)」っと思った記憶があります。
救急へ自力でたどり着けた後、ショック状態になった患者さんのケースでした。
本人からの問診は取れず、ご家族も最近再婚されたばかりで過去のことはくわしくはわからない。
物言わぬ患者さんの現状から、過去の手術痕からの推理で病名にとたどり着くのですが、
この症例。事例知らなければわからなかったのではー
というものでした。
できうる検査でしぼりこむのですが、ピンポイントではなく汎用的に用いた投与では効果がなく
MRIの検査中にショック状態になったのですが、その映像診断で気がつくかどうかー
がミソでした。
そこ(体内)にあるはずのないもの(異物ー腫瘍)を探していて、
そこ(体内)にあるはずのもの(臓器)が無いことに気づかない。
これは人間、誰もが往々にして起りうることです。
この話の後に、誰でもできる訓練用の画像で、浅草キッドのお二人に見せたのですが、
そこにもあるはずのないものに気がつかない。
そこにあるはずのないもの。
それはなぜかゴリラの画像が(笑)付けられていました。
でも、このゴリラの画像に気がつかない。見つけられないのですね。
今回の事例の患者さんは脾臓を摘出していて、その手術痕が腹部にあったのです。
脾臓がないことで、使える投薬の絞り込みができ、無事退院できたのです。

これも、運命なのかなあっと思っちゃいました。
たまたま、救命の現場にこの判断ができる詳しい先生がいたことで、
早い処理ができました。監修の先生もこれは凄い、と思ったそうです。
人は寿命に添う。
そうして、本題の
          人は見ているようで見ていない。
ってことも、タイムリーに感じ入ったわけです。

theme : 人生を豊かに生きる
genre : 心と身体

プロフィール

天ト占と臣

Author:天ト占と臣
師匠こと物忌み(巫女)の天ト占(あうら)と弟子で審神者(さにわ)の臣(をみ)です。
神さまからのご紹介や本館ブログを読んで来られた全国の皆さまのさまざまなご相談にのったり、ご依頼からお祓い等の神事をしておりますが、ここではそれをしていない時の天卜占と臣の普通の日常。主に好きな食べ物や本にドラマや映画についてを綴っていますが、やはり神さまからのお話になっているようです(~_~;)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント