2012-01-23

つきすぎ改め ついてなかった男(笑)『相棒10-12』

『相棒』ヘビーユーザー(笑)の方は、ご存知よりの(笑)



月本幸子さん再再登場の回。



ご本人はついてないと思っているが、どうして、どうして、なかなか、運が良いのでは、



と思うような展開の前2回のお話しでしたが、今回は、いよいよ、本領発揮?



ついている全開(笑)



出所して、ハローワークでお仕事を探すところから話は始まります。



条件の良いところは、ほかの方へゆずって、自分には相応のつつましい生活ができる



お仕事を紹介してください、として、清掃会社へ就職。一か月後、間宮フーズの若社長宅の



家政婦に。



そこで出した料理がおいしいということで、メニューに採用。ついには、商品開発としての



お給料まで振り込まれ、自称『ついてない女』月本さんとしては、居心地がわるい。



これは。何かあるのではと、右京さんに相談するのですが、右京さんは、



正当にあたえられた報酬で、なんら問題はないといいます。



けれども、右京さんは実は、今スランプでは、などと言いだして・・・。



と、今回は、殺人事件はおこらず、ほのぼの、コメディー路線で、途中は、



これは、『トリック』だったのか?と思うような、(笑)団体などが出て来て、胡散臭いこと



この上ない展開に・・・。(賛辞です。(笑))



結局、前任の家政婦がいなくなった理由は、床下の大金を持ち逃げしていたためで、



その大金は、間宮フーズ前社長が脱税したお金であったわけで、幸子さんに良くしていた



若社長は、本気で幸子さんの手腕を認めていて、結婚までするつもりだったのに、



本気のプロポーズをうたがわれ、挙句に、幸子さんを陰から護衛していたひとから、



おそわれ、とんだ目に・・・。このついてなさは、なんとも・・・。お気の毒。



結論から行けば、すべてが明るみになり、それもこれも、幸子さんのおかげと言えば、



そうなのですがね。(笑)



そんなこと、ありませんか?



自分はついてないから、なんて、思っていたら、ついていることだって、



気がつきませんよ。



ついていることを信じる。自分を大事にすると思うならね。



自分のことをかわいいと思って、大事にしなききゃね。



でなければ、応援したくとも、周囲も応援ができません。



応援なんて、いらない、みたいな態度ではね。



ところで、プロポーズを撤回した、間宮フーズの若社長。



何事も一生懸命でした。



いなくなった家政婦さんを探して、所属していた研究会をつきとめ、潜入捜査していた



のですから。



ついてないなんて、思わなければ、うまくいく。



のよい例でもあるわけでして、『ついてない』なんていって、ごめんなさい。



前言撤回します。ぺこり。

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

天ト占と臣

Author:天ト占と臣
師匠こと物忌み(巫女)の天ト占(あうら)と弟子で審神者(さにわ)の臣(をみ)です。
神さまからのご紹介や本館ブログを読んで来られた全国の皆さまのさまざまなご相談にのったり、ご依頼からお祓い等の神事をしておりますが、ここではそれをしていない時の天卜占と臣の普通の日常。主に好きな食べ物や本にドラマや映画についてを綴っていますが、やはり神さまからのお話になっているようです(~_~;)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント