2011-12-27

あみだくじの未来 『T4 ターミネーター4』

CSで、『ターミネーター』シリーズが一気見放送されていました。



(『ロードオブリング』もあっていたが、気づかなかったな。まあ、こちらは三部作を



いっぺんに観るとなるとゆうに10時間越えますが。(笑))



SFX好きにはたまらんかった、『Tー2』。



驚愕の映像でしたが(特にT1000)、今の映像技術はさらに、スケールアップしてますね。



3Dは身体の構造上体験できないので、『アバター』は頭っから、観たいとは思いません



でしたが、(大好きなO2 がゼロ船長と出会う『カラワンキ・サーガ』に話が似てますもん。



O2がわかるあなたは、おトモダチ♪)



先日放映が終わった『坂の上の雲』なんざ、バルチック艦隊と連合艦隊との戦闘シーン



が迫力ありましたよ。



さて、今回観たのは『T4』。



以前、後半だけ観ていたので、今回は録画して観ました。



シリーズ1,2,3を理解してないと、あれれな感じですが、T2で、歴史の流れを変えた



はずなのに、結局T3の終盤、戦争がはじまり、別の未来から少し修正された



世界がこれから始まるところで、エンディング。



それ以降の世界が4となるので、思いだすと、ああ、そうなんだ、となります。



未来を変えたはずなのに、ジョン・コナーの使命・運命は継続されているのです。



実は、『T4』を全編観て、ふと、前日にあげた『クローンは~』の感想とあいなったわけです。



魂はどこにあるのだろう。



哲学的思考において、その存在場所が問われます。



『T4』では、死刑囚マーカス死亡後に献体することに同意をしたことから物語は始まります。



死刑が執り行われたあと、意識を取り戻すと、死亡時より数年が経っており、



その世界では廃墟が広がっていました。



機械と人間の戦う世界になっていたのです。



蘇生したマーカスは実は機械によって改造され、機械と人間があわさった形となって



ある暗示をあたえられていたのですが、最期まで、マーカスは人間としての意識を



保っていました。



この時の人間としての存在は、残されていた臓器ー心臓。ハートに起因するのです。



そして、この心臓を、ストーリー・テラー。(今回は主人公ではないよな。)



戦闘で負傷したジョン・コナーへ移植するのです。



ここで、無償の愛であり、犠牲の魂としての存在。処刑されたキリストーマーカス



の暗示があります。



今回は『審判の日(ジャッジメント・デイ)』以降の世界。そう思って観ると、



とても、宗教的な感じがします。



人間のレジスタンス軍の基地で囚われたマーカスは、磔にされたりします。



宗教的思考も人間ならではなのでしょうが。



機械の思考はシンプル。人間はよくないから、排除!



シンプルすぎる。(笑)



ちょうど、観たのもクリスマスでしたしね。



魂のことやら、使命のことやらを改めて考えた、作品でした。



関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

天ト占と臣

Author:天ト占と臣
師匠こと物忌み(巫女)の天ト占(あうら)と弟子で審神者(さにわ)の臣(をみ)です。
神さまからのご紹介や本館ブログを読んで来られた全国の皆さまのさまざまなご相談にのったり、ご依頼からお祓い等の神事をしておりますが、ここではそれをしていない時の天卜占と臣の普通の日常。主に好きな食べ物や本にドラマや映画についてを綴っていますが、やはり神さまからのお話になっているようです(~_~;)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント