2011-07-20

想像力と創造力 フィルターレベルに在ること

タイトルだけで行くと、本館的な話かというと、ちと、違う。



『サマーウォーズ』という、アニメ映画を観ました。



それを観ていて、感じたこと。



現実世界と、仮想世界の境界線が無くなったら・・・。



それでも、つながりあうことに、変わりはないわけで。



ドラマは、ネット上で、仮想の世界が構築され、誰でもがその世界の住人



となれ、現実世界の手続きも、その仮想世界ーOZでできるようになった世界。



この中で、開発者が作ったプログラムがこの仮想世界を混乱させ。現実世界も



混乱するのですが、本人は、このプログラムを作って、欲しいといったひとに渡した



だけ   なのですが、



それが限定空間だけにとどまらず、増殖を始めるのですね。



なんだか、ちょっと、考えてしまいます。



どのような優れた発明、発見も使い方次第で、世界はその様相を変えます。



科学者は、その効果まで、責任を負うのか?



これは、別な本にあった一文です。例えるなら、



原子力は爆弾へと姿を変えました。



安全に使えば、安心なのですが、ちよっとした、気の緩みというものは、大事故を



引き起こすことを想像できていますか?



50ボイスで、横浜港湾で働いていた方が言っていました。



自分の仕事はミスは許されない。小さなミスが大事故につながるからです。



人間だから、まちがえるのだ、なんて、簡単に言ってはいけないような気がします。



イノチに関わることなら、なおのことです。



そして、これくらい、いいだろうという、気の緩みもまた、同じ。



それと同時に、状態や状況を感じられる感覚、体感が優れていないと、



自分の身も守れはしません。その先にあるものを想像できる。気配りができる。



それが実は自分を守っている。



そんなこと、思いもしないで、おきたことを消化し、毎日が過ぎている。



そうやって、我知らずに過ごしている人が大半でしょう。



自分が守れなければ、自分の周囲も危険に巻き込むことがあるのです。



フィルターレベルが高いということは、細かい波動が出ていて、状況を瞬時に



感じ、判断ができているのです。



これはやっても大丈夫か、そうでないのか、



の判断を瞬時にできるのは、この細かい波動のおかげです。



そして、このフィルターレベルが荒いと、事件や事故に巻き込まれたり



するのです。



選択するその一瞬を自分が決めているのですが、そのレベルが自分を取り巻いている



フィルターのレベルに依存しています。



もし、細かいレベルを少しでも細かいレベルで在りたいと望むなら、想像してみることです。



この訓練が、新たな創造力となって、荒くなったりしたフィルターの目詰まりを軽減



してくれることでしょう。



        



でー、『サマーウォーズ』ですが、面白かったです。



悪人はいないのですが、けっして、悪人という存在はいないのですが、です。



ちょっとしたことから、犯罪に関わっていたかもしれないという、ネットの怖さも



見え隠れします。



一歩間違えれば、被疑者になっていたかもしれない、主人公でしたが、好きなことで



一生懸命頑張って、先輩や先輩の家族(一族だな。 (笑))を一緒になって守ります。



賛否両論はあるでしょうが、かる~く楽しめたらいいんじゃあないかなぁ~♪

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

天ト占と臣

Author:天ト占と臣
師匠こと物忌み(巫女)の天ト占(あうら)と弟子で審神者(さにわ)の臣(をみ)です。
神さまからのご紹介や本館ブログを読んで来られた全国の皆さまのさまざまなご相談にのったり、ご依頼からお祓い等の神事をしておりますが、ここではそれをしていない時の天卜占と臣の普通の日常。主に好きな食べ物や本にドラマや映画についてを綴っていますが、やはり神さまからのお話になっているようです(~_~;)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント