2011-06-15

考えるという作業ーふつーばーじょん

ピースの又吉さんが、一週間、コンビニの会社ローソンに勤めていた。



そんな彼は、会社員としてのワークは初めてだと相方の綾部さんが言っていた。



以前は、哲学的思考の番組に出ていたのをみたが、いつも思うに、このひと、



顔が変わるなあ~。



水谷豊さんは、右京役の場合、右顔と、左顔が違うので、そのとき、その時の



一瞬の緊張感が格段違って見える。



さて、そんな、又吉さんが、広告のポップを考え、プレゼンは成功。



現在、ローソンに掲示されている。目にできる掲示されたものは、



プレゼン時のものに少し、改定したもののようだった。



一週間、彼は、あたえられたことを真剣に、集中して考えていた。



この考えるという作業は生半可ではできない。



これは、この収録をみた人が言っていた。



読書家ならではの集中力だ。



集中は修業に通じるものがある。



また、物事がうまくいっているわけは、この考える作業の先にある。



誰でもができることではない。



修業して、修業してはじめてみえてくるものがある。



シュトレーゼマンが、千秋に、もっと、音楽に没頭シナサイ



と、言っている。とても、わかりやすい。(笑)



音楽に関わるなら、音楽に。



やりたいことがあるなら、やりたいことについて、考え続ける。



恋愛もそう。



相手を思い、愛するなら・・・。おっと、恋愛に関してはやめておこう。



引退した身の上だから。(笑)

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

久し振りにココにやってきました!
又吉さんの奮闘振りは私もTVで見ていました。息子(20歳)と一緒に・・・
で、彼に言ったんです。
「やりたいことを達成したいなら、アタマが禿そうになるまで考えなさい!そして動きなさい!
でも・・・だって・・・って思うんならヤメとけ!」ってね。
“無”から何かを生み出すって凄いことですよね。
私は、自分の仕事のためなら苦労は厭いません。
シュトレーゼマンに「そうだ!そうなんだよね。」って相槌打ってました。
考える⇒ぶつかってみる⇒また考える⇒やってみる⇒で・・・初めて成果がでる。
良しも悪しもその結果なんで、そこからまた進めばいいと思ってますよ。

No title

あうらの趣味の部屋(笑)へようこそ。

息子さんへ語れる自負があるお母さんって、ステキです。

実は、エネルギーレベルを上げるには
想像力と創造力を行使する以外には
ないのです。

とても必要不可欠な能力が使えるか、
使えないかで
大きく変わってきます。

訪問 感謝♪
プロフィール

天ト占と臣

Author:天ト占と臣
師匠こと物忌み(巫女)の天ト占(あうら)と弟子で審神者(さにわ)の臣(をみ)です。
神さまからのご紹介や本館ブログを読んで来られた全国の皆さまのさまざまなご相談にのったり、ご依頼からお祓い等の神事をしておりますが、ここではそれをしていない時の天卜占と臣の普通の日常。主に好きな食べ物や本にドラマや映画についてを綴っていますが、やはり神さまからのお話になっているようです(~_~;)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント