2011-04-22

つっこみつつ、つぶやく

履歴書に職歴が多すぎて二号様式に書くか、正確には書かず、間引き職歴に



していたわたしらではありますが、(笑)



ここにきて、過去に臣さんの就いていた仕事での知識が、とても役にたっています。



(いえ、今までだって、とぉーっても役に立っていますのよ。助かっていますわ。えへっ。)



感覚的にわかるだけのわたしには、ことばはありません。



ただ、画面の風景に異変を感じるだけです。



原発事故の報道を見ては、臣さん的には、つっこみどころが満載のようで、



報道されている単位などなどで、詳しい説明を聞くわたしなのであります。



そして、それを聞くだに、「うぅーん。」と唸ってしまいます。



現地へ飛びたいと叫んでいた友人のだんなさまは、玄海の方の現場関係へ



かりだされそうと話していました。



ネットの中ではさまざまな情報が飛び交っていますが、自身の体感に勝るものは



ないのだな、と感じています。



そして、ことばというものはよくできていて、表面だけでなく、深い部分をも露呈させます。



わかっていない、理解できていないひとのことばは、発せられるものともども、



意味不明になりがちです。



それを感じられる能力も、大事です。



文章がどうこうではないのです。うまい下手とも、少し違う。けれども、



それが、間違っている情報に振り回されずにすむのです。



自分を守ることが周囲を守る。そんなことをつくづく感じるこの頃です。

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

天ト占と臣

Author:天ト占と臣
師匠こと物忌み(巫女)の天ト占(あうら)と弟子で審神者(さにわ)の臣(をみ)です。
神さまからのご紹介や本館ブログを読んで来られた全国の皆さまのさまざまなご相談にのったり、ご依頼からお祓い等の神事をしておりますが、ここではそれをしていない時の天卜占と臣の普通の日常。主に好きな食べ物や本にドラマや映画についてを綴っていますが、やはり神さまからのお話になっているようです(~_~;)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント