2011-04-12

さいん~こさいん~な日々(~_~;)

あいかわらず、意味不明なタイトルが出るあたりは、少しふっかつ~?



と言いたいところですが、不穏な体調は絶好調に(?)継続ちうです。



今朝は、心臓がドコドコと背中から響き始めたので、目が覚めました。



げほげほと咳き込み、ぜーぜー涙目になっていたら、ふっと、



安心せよ 我らが守る



のお声がー。



ガイドの長さんからのメッセージでした。



それでは、と、少しふっかつ。(笑)



けれども、まだ、まだ、油断は禁物。。。



無理をしすぎてはいけません。



シグナルを見落とし、聞き落としな~んて、しかねませんからねっ。



それでも、先週になりましたが、ちこっと気分のよいときに、行ってきました。



110408113156



『劇場版アニメ忍たま乱太郎』



このカードは、来場者記念でもらいました。



上映時間が1時間ちょっとなので、なんとか、耐えられました。



でも、内容は、少し大人向けかなと。。。



(腐女子や、貴腐人のみなさまも行くでしょうがー。あたしか・・・。^m^;)



冒頭。



忍たまらしくない(ほぼ本編では出てこない。)合戦のシーンでは、少しきんちょー。(~_~;)



この『忍たま』は、室町時代末期の設定だそうですが、名画『七人の侍』を



彷彿とさせます。



話の中盤。



合戦にまきこまれそうな村の長が、村を守るために忍術学園や、



鉄砲隊を持つ村に応援要請をするのです。



しかも、先生方が戦法を考えるにあたり



みれば、村の作りは、守るには強固な構造だったり、



用具委員は大砲の『きゅうちゃん』を持ちこんだりします。



(砲身が「上を(!)向いている」からの命名(笑))



            



時代考証もですが、今、おきていることと重なります。



同級生同士が守りあい、助け合い、



上級生が下級生を助け、先生方が生徒を守る。



そして、保健委員(!)は、その使命として、敵、味方の区別なく、



傷ついたものを助けます。



今、被災した場所で見られなかった子供たち、そして大人たちにも、



この『勇気100パーセント』が届く日が来ることを祈っています。



追記



臣さん「つまり・・・上がったり下がったりのことを、サイン、コサインと、言っていると・・・・・・。」



天卜占「うん。タンゼントな状態なんてなったら、わけわからんやん。」



臣さん「普通はならんでしょう。(あいかわらず、意味不明だ。)」



天卜占「今日は、ごはん食べられたよ。いつまでも食べられんかったら、もたないわっ。」





関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

天ト占と臣

Author:天ト占と臣
師匠こと物忌み(巫女)の天ト占(あうら)と弟子で審神者(さにわ)の臣(をみ)です。
神さまからのご紹介や本館ブログを読んで来られた全国の皆さまのさまざまなご相談にのったり、ご依頼からお祓い等の神事をしておりますが、ここではそれをしていない時の天卜占と臣の普通の日常。主に好きな食べ物や本にドラマや映画についてを綴っていますが、やはり神さまからのお話になっているようです(~_~;)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント