2010-12-29

流れるままに

まだ、『相棒 劇場版2』は観ていませんが、



六角さん(鑑識 米沢役)と、 山中さん(捜査1課芹沢役)のトークショー



へは、行ってきました。(笑)



2010_1226_135600cimg0006



ご本人の撮影は禁止でしたが、ステージセットは撮影可、というので、パチリ。



     



(突然のお誘いと思いつきにつきあってくださった、Nさん、ありがとうね。



屋外で、寒いからと、コーヒーとお菓子の差し入れそして、おみやげにも



感謝♪それと、お騒がせしちゃい、申し訳なかったデス。汗)



さすがに、おふたりとも細かった。



山中さんは、衣装のスーツがどんどん細身になっているとかで、



『生クリーム断ち』をしているそうです。(笑)



おしゃべりもおじょうずでした。さすがです。



映画の方は衝撃の結末とはいえ、



人生において、誰かが、突然いなくなることは



当然、おこります。



病床にあっても、いついなくなるなんて、誰にもわかりません。



(師匠の場合、横に「〇に神」がいて、連れて行きかけた、とか、魂が抜けて



ベッドの脇にいたとか、目撃できますけどね。臣さん談。)



出会うのも縁なら、別れるのも縁。



それに涙するのは、情なのかもしれません。



ほかの人にはわからない、互いの思い。



けれどもね、どのような理由であれ、ひとをあやめたり、



傷つけていい理由はありはしません。



どのような大義があろうとも、結局は、理由なんて、自己の都合。



その中でも、自分勝手な思い込みです。



ひとりよがりな思いに、他者を巻き込んだ結果です。



ひとのせいにした、結果です。



現実は、ある想念に自身も巻き込まれているのです。



目的と結果はかけ離れたものとなり、すりかえにより、



自己を正当化しようとしたい。そういう人が、まだ、残念ながら



存在している。



だからこそ、約束があり、法律があったはずなのです。がー。ね。



ここからは、本館の『フィルターレベルの話』から考察を深めていきます。



自己の在り方。個人とは、国家とは。そして、イノチとはの



定義がしっかりしていないと、他者の思考に汚染されます。



自分の在り方をちゃんと決めていれば、自分や、自分の大事な人が



マや、ハタレの群れに巻き込まれずにすむのです。



『宇宙の完璧なリズムにのり 誰とも戦わず 流れていく』



これがよりよく生きるための 宇宙の法則なのですな。



関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

天ト占と臣

Author:天ト占と臣
師匠こと物忌み(巫女)の天ト占(あうら)と弟子で審神者(さにわ)の臣(をみ)です。
神さまからのご紹介や本館ブログを読んで来られた全国の皆さまのさまざまなご相談にのったり、ご依頼からお祓い等の神事をしておりますが、ここではそれをしていない時の天卜占と臣の普通の日常。主に好きな食べ物や本にドラマや映画についてを綴っていますが、やはり神さまからのお話になっているようです(~_~;)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント