2010-12-02

相棒9第6話あなたがたはいつまでこんなことを続けるおつもりですか

なんて右京さんのつぶやきが聞こえてきそうだった、今回のお話。



観終わってのぃやんな感じはなかったです。



とても、静かなエンディングでした。



右京さんの正義が暴走するのではなく、それは観る側の選択なのであって、



オープンか、クローズかってこと。



今回の発端は、潜入捜査のひとの手痛いミス。が原因。



発覚する前に撤退することと、その時期を見極めることも大事です。



な~んてことを「坂の上の雲」の戦いっぷりから思い出したりしています。



結局、同じような捜査をしていた警察もまた、厚生省の捜査に出遅れたけれども、



踏み込むだけの条件は満たしたので、先に行動を起こして、死体が見つかるわけですな。



横のつながりがないと、こんなことも、起きまさあねえ。



誰が正しいとかではなくて、それぞれの自分を守る選択がそれぞれにある。



けれどもー、だ。時に前進を誰かが選ぶのだ。



制度を変えるのにはそれ相応の手順がある。



そして、もっと、大きな流れがこの世界にはあって、その流れに逆らって泳ごうとする



者には、相応の報いがあるお話は、本館でしていますが、現実にそれはおこります。



おこっています。





物語に入り込んで観ると、キミたち、他人事ではないのだよ、と思いました。



だあって、特命係は、拳銃は携帯していないのですよね。



シナリオでもどんばちがないのはお約束ではありますが、今回のようなことが



起こらないとは限らない。なんでもありな『相棒』だもん。



ことを踏まえてみると、景色が変わります。劇場版2もそうなのだけれど、



右京さん、丸腰で、窓から現場を覗きこみます。



曰く「ここは防弾ガラスです。」ははっ・・・。



捜査1課も組対5課も、前線にいるのですから、リスクがあります。



以前、『越境捜査』で志水さん扮する大木さんが撃たれました。



防弾チョッキを着ていて、助かりましたがね。



自分たちだって、ねえ、というか、死んだのは自分だったかもしれないー。



なんて話が、『潜入捜査』の回でありました。



温水さんが、潜入捜査中に同僚を死なせてしまい、苦しんだ捜査官を



好演してました。



そのあたりを踏まえ、シーズン9の初回のやはり、演習中に暴走した部下を死亡させた



話しからの流れも、ちゃんと、シナリオライターさんは、押さえて書いてるんかなあ~



などと思いました。



刑事部長の所へ行って、ちゃんと、提案をするという、右京さんとは別行動をとるという



スタンスの神戸くんもちゃんと設定が確立されつつありますし、そういう意味では



対極のぶれない相棒です。



これが少し前のタイプの人情家の亀山くんだとそうはいかない。



砂を噛むような、感情をぶつけるシーンは、耐えられません。



観ていて、カラダが、拒否反応をおこします。



情が前か、後かってことなのですけれどね、



情があっての行動は流されやすく、そして、他者にわかりやすい。



情を踏まえての理論は、他者にはわかりにくいけれども、目的地へは早く着く。



イノチは、使いきるその瞬間まで、大切につかわなければなりません。



使いきらずに終わることのないよう、大切にしたいものです。



使いきらずに終われば、それは、マイナスの想念となって、この地に残留思念と



なってただよい、他者を巻き込みますからー。



ところで、臣さんの感想は、もやもやして、納得いかない結末だったと、ご立腹(笑)



特に、あれでいくと、協力者であった彼には、更生の選択はない。



他の生き方を選ばせないーと。そうなのですよね、警察に協力しているから更生



してるといえば、しているかもしれないけれど、まっとうな道へは戻れません。



これは、本館で話していた、一度間違えると、もとの道には戻れない現実、



そのままです。



以前も書いたけれども、情と理はどちらもバランスよくなければ作用しません。



ことさらに正義をふりかざす必要はないけれど、自分を裏切らない選択こそ、



正義にほかならないのです。

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

天ト占と臣

Author:天ト占と臣
師匠こと物忌み(巫女)の天ト占(あうら)と弟子で審神者(さにわ)の臣(をみ)です。
神さまからのご紹介や本館ブログを読んで来られた全国の皆さまのさまざまなご相談にのったり、ご依頼からお祓い等の神事をしておりますが、ここではそれをしていない時の天卜占と臣の普通の日常。主に好きな食べ物や本にドラマや映画についてを綴っていますが、やはり神さまからのお話になっているようです(~_~;)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント