2009-09-27

いただいた栗は茶巾絞りにする予定。。。が

090924212026



このまま食べてしまいました。



栗は新鮮なうちに、湯がいた方がいいと、料理番組でいっているのを



見たら、次の日、近所の方から実家の畑にある栗のおすそわけを



いただきました。(いや、念じていませんよ。(~_~;))



今までは栗の渋皮煮を二日ほどかけて作っていましたが、結構



大変なので、もっと、簡単な茶巾絞りを作ることにしました。



段取りは、いたって簡単。



栗を洗って、鍋にひたひたより多めの水を入れて湯がく。



湯がけたら、さっと、ざるにあけ、水をかけてあくを洗い落とす。



温かいうちに、湯がいた栗を二つ割りにして、ナイフで中を



くりぬく。



(フォークとセットになっているような、先の丸目のものが使いやすい。)



完全につぶさないで、鍋に入れ、砂糖も一緒に入れて、火に欠ける。



この時、砂糖は好みで。すぐ食べるなら甘さを控える。



栗の風味も残るし。



保存が目的なら、栗の重さの六割とか七割などの多めに。



090924212219



今回はこんな感じに。つぶつぶ感を楽しみます。



この後、ラップを小さく切って、一口分をスプーンにとり載せて



絞れば、茶巾絞りの完成。



このままホクホク感がおいしくって、食べてしまいました。



あと、三分の一、残っています。



090924212110



栗ご飯にしようか、どしようかしら。。。



秋は食べ物がおいしいですね。



食いしんぼの天卜占でした。





関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

天ト占と臣

Author:天ト占と臣
師匠こと物忌み(巫女)の天ト占(あうら)と弟子で審神者(さにわ)の臣(をみ)です。
神さまからのご紹介や本館ブログを読んで来られた全国の皆さまのさまざまなご相談にのったり、ご依頼からお祓い等の神事をしておりますが、ここではそれをしていない時の天卜占と臣の普通の日常。主に好きな食べ物や本にドラマや映画についてを綴っていますが、やはり神さまからのお話になっているようです(~_~;)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント