2009-06-24

ROAD TO REBIRTHー映画 ハゲタカ

Riches  I  hold  in  esteem ,



And  Love  I  laugh  to  scorn;



And  lust  of Fame  was  but  a  dream



That  vanished  with  the  morn-    以下略



 





前回記事のプロデューサーの仕事は、企画し、スタッフ・キャスト、そしてお金を集めること。



続いては、お金を集めるのだが、今度の話はファンドだ。



『映画 ハゲタカ』



出演  大森南朋   玉山鉄二  栗山千明  高良健吾



     遠藤憲一   松田龍平  中尾 彬   柴田恭平



 



NHKのテレビドラマからの続編。



今度は中国系の巨大ファンドが、日本の自動車会社を買いに来る。
迎え撃つは、芝野からの要請を受けて再び日本へ戻ってきた、かつて「ハゲタカ」と呼ばれた男 鷲津。



マスコミをつかった情報戦もありだ。使える手は何でも使う。もちろん、お金も。なりふり構わない戦略で突き進む。



中盤、師匠は観ていて、つぶやく。



「あーこりゃあ、(劉は)○○れるな。」



ドバイの繁栄、リーマンショック、派遣の問題。この数ヶ月前までのことが次々と語られる。  



 



なんとなく、テレビの時の濃度とは、薄い印象。



芝野、ほとんど出番なし。もしくは出ていても科白なしなのが、不満。
今回は、鷲津と劉の攻防が中心に描かれている。



この玉山鉄二さん扮する劉は、中国残留孤児三世。実は・・・・・・。   



 



ところで、印象深いエンディングの歌は、エミリーブロンテの詩から。
すると、師匠、本棚から掘ってきた。(笑)いや、なんでもあるな。



世界文学全集 7巻 E・ブロンテ 河出書房 刊。



「冨は私の軽んずるところ」からのものだ。詳しい訳詩は、NHKの「ハゲタカ」のHPにある。
歌のタイトルが、今回のお題。「ROAD TO REBIRTH」なのである。



関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

天ト占と臣

Author:天ト占と臣
師匠こと物忌み(巫女)の天ト占(あうら)と弟子で審神者(さにわ)の臣(をみ)です。
神さまからのご紹介や本館ブログを読んで来られた全国の皆さまのさまざまなご相談にのったり、ご依頼からお祓い等の神事をしておりますが、ここではそれをしていない時の天卜占と臣の普通の日常。主に好きな食べ物や本にドラマや映画についてを綴っていますが、やはり神さまからのお話になっているようです(~_~;)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント