2009-06-21

気がつけば

173 師匠宅の巴且杏にも、実がついた。



花の写真は以前、本館ブログに掲載したが、



一重の可愛い花姿。



今年ついた実は、四つほど。           



            





170同じ巴且杏でも、こちらのは、



葉が違うのがわかるだろうか。



           



          



これは丹生神社の駐車場近くのもの。



多分、ソルダムとかいう種類。 



                   



172



色づいているが、虫に食べられたあとのものだったりする。



         



先日、スーパーの店頭では『いくり』が売られていた。



師匠が調べたところによると『いくり』は南九州での呼び名(方言)だそうだ。



さて、『いくり』と聞いて、わかるだろうか?



そういえば、関の海では、今頃、『ゑずこ』が取れている。



これは、『とこぶし』と呼ぶところもある。あわびの少し小さいもの。



ところ変われば、呼び名もさまざま。



昔は言語体系が、もっとあったのかもしれない。



関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

天ト占と臣

Author:天ト占と臣
師匠こと物忌み(巫女)の天ト占(あうら)と弟子で審神者(さにわ)の臣(をみ)です。
神さまからのご紹介や本館ブログを読んで来られた全国の皆さまのさまざまなご相談にのったり、ご依頼からお祓い等の神事をしておりますが、ここではそれをしていない時の天卜占と臣の普通の日常。主に好きな食べ物や本にドラマや映画についてを綴っていますが、やはり神さまからのお話になっているようです(~_~;)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント