2009-06-09

常識からはなれる 『世界一の庭師の仕事術』

030946321



書名 世界一の庭師の仕事術 路上花屋から世界ナンバーワンへ



ランドスケープアーティスト 石原和幸 著  WAVE出版 刊



   



チェルシーフラワーショーというものがイギリスであるという話は、



ハーブ研究家のS先生から聞いていたが、師匠は、この著者の作品を



紹介しているテレビ番組を見ていたそうだ。



言われてみれば、私もこの苔を使った庭を見た記憶がある。



もっと、師匠の記憶に寄ると、大分でも、この人のプロディースによる



ガーデニングの提案をしている住宅地の広告を、見たことがあるし、



以前行った、パークプレイスの住宅地内にあるカフェも、そうらしい。



この本の帯には、



金なし、コネなし、知識なし、がけっぷちの男



20代、年収200万円のフリーター。路上で始めた花屋が3年で日本一。



40代、全国展開に挑戦するも、負債8億を抱えて撤退。



ゼロから再出発してトップガーデナーに。



とある。



表面だけをいえばそういう人生かもしれないが、私はなにより、



彼が見てきた原風景が(実家は農家)、彼をここまで育ててきたのだなあと



感じた。



私もこの歳になって、自分をつくってくれた関の風景に、改めて教えられる



ことがある。



関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

天ト占と臣

Author:天ト占と臣
師匠こと物忌み(巫女)の天ト占(あうら)と弟子で審神者(さにわ)の臣(をみ)です。
神さまからのご紹介や本館ブログを読んで来られた全国の皆さまのさまざまなご相談にのったり、ご依頼からお祓い等の神事をしておりますが、ここではそれをしていない時の天卜占と臣の普通の日常。主に好きな食べ物や本にドラマや映画についてを綴っていますが、やはり神さまからのお話になっているようです(~_~;)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント