2009-05-30

野苺が、まだありました。

151



水を汲みに行ったら、先客がいて、時間がかかりそうだったので、



少し足を延ばして、前回の野苺が生えていた斜面へ行ってみた。



先日の雨と大風で、ほとんどの実が落ちてしまったようだ。



154



野荊などの草の生える流れを見ていたら、道路を隔てた反対側の



斜面にまだ実が残っていた。



人間の都合で道路が作られ、生えていた野草が分断されても、



まだ、増殖している。



もちろん、この野草たちが生えているので、斜面の土が流れ



落ちることを止めているわけなのだが。



強い根が張り出すことで、自分たちも守っている。



自然は本当によくできている。



156



少しいただいた。なつかしい野苺の味。



師匠「久住の時、友人のお母さんがネスカフェの大きなコーヒー



    瓶3本分。これのジャムを作っていたよ。考えたらもの



    すごい量の野苺を取っていたんだな。」



私 「店のときに、裏の庭から張り出していたのは、木苺でしたよね。」



師匠「そうそう、あれの方がとげとげだよ。」



先日は、桑の実がたわわになっているのを見た。たぶん、取る人もなく、



落ちていくのだろう。道路わきのやまももの実も。



自然の中には、恵みが沢山在る。世界は豊かと思う。



そう思ってみれば、この世界は限りなく豊かだ。







関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

天ト占と臣

Author:天ト占と臣
師匠こと物忌み(巫女)の天ト占(あうら)と弟子で審神者(さにわ)の臣(をみ)です。
神さまからのご紹介や本館ブログを読んで来られた全国の皆さまのさまざまなご相談にのったり、ご依頼からお祓い等の神事をしておりますが、ここではそれをしていない時の天卜占と臣の普通の日常。主に好きな食べ物や本にドラマや映画についてを綴っていますが、やはり神さまからのお話になっているようです(~_~;)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント