2013-10-09

たまにやらかす

9月にお目にかかった方々はお気づきだったと思うが、浄化強化月間だったのか(笑)



(冷えとりの基本の東洋医学では、時期ごとに浄化があり、9月は消化器系だとかなんとか。)



重ね履きを綿からウールに変えたからなのか、首から半端なく何か出てました。



ウールに変えた理由は、



Title_sub_0708


カラフルなタイプが出たから。乙女だし。(^◇^)



通常は、



Hietori04_title_2


内絹外綿のタイプは1枚で2枚分の働きなので、6枚履いて、12枚分の効果・・・なのだな。



笑ってしまうのだが、色が同じなので、たまに、左右の枚数をまちがえる。



素足だと21.0と21.5サイズなので左右の枚数が違っても、それはそれで



ちょうどいいのかもかも。。。



先日も博多へ行った帰りの車内で、やっと違和感に気がついた。(~_~;)



けれども、カラフルタイプは買ってすぐ、臣さんが、



「浄化には(効果として)どうなのだろう?」



と、のたまった。



うえ~いっ。( ̄~ ̄;)



結局、首からの浸み出しははんぱなく、特に風呂上がりには、絹と綿のガーゼを



重ねたものを巻いて、浸み出すのが治まるのを抑えて、吸わせていた。



月が変わり、自分がよかったら、母へと買い足すつもりでいたが、おろさなかったセット共々



絹とウールのタイプは母へとゆずり、自分は、元の内絹外綿バージョンに戻した。



らっ。首回りの浸み出しは治まり始めて、(消化器絶賛浄化だったのが終了だぜっ。



あと、靴下がちゃんと浄化し始めたのか、戻して最初の数日は、足汗が半端なかった。



(^◇^))



9月は減らなかったどころか増えていた体重が(食欲もね。)、また減り始め



現在、47.2キロ。



毒出しー浄化にはやはり、絹と綿の方が効果はあるようだ。



浄化もしたいが、冷えが半端ない母には温めることが目的なので、このまま絹とウール



の組み合わせで行くことにしよう。



秩序と目的は、大事よね。

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

天ト占と臣

Author:天ト占と臣
師匠こと物忌み(巫女)の天ト占(あうら)と弟子で審神者(さにわ)の臣(をみ)です。
神さまからのご紹介や本館ブログを読んで来られた全国の皆さまのさまざまなご相談にのったり、ご依頼からお祓い等の神事をしておりますが、ここではそれをしていない時の天卜占と臣の普通の日常。主に好きな食べ物や本にドラマや映画についてを綴っていますが、やはり神さまからのお話になっているようです(~_~;)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント