2009-04-18

映画 鑑識・米沢の事件簿

で、映画も観にいきました。



少し、ネタばれ。



原作と、犯人が違うーっ。



まあね、本が先行して売れたので、映画も売れたので、ってことなのでしょうが、



私としては、映画同様、犯人が唐突過ぎて、イケマセン。



師匠「映画先行の本編の相棒も、後発の本では、犯人が違っていたよ。



   私としては、両方とも、本の犯人の方が、説得力があったな。



   背景の描写も。」



あと、なんでもアリな所轄の刑事さんの行き過ぎには、辟易しました。



覆面かぶって、証拠探しに警視庁天下りの団体へ忍び込むのは、



いただけませんねえ。



笑いを取りたかったのかもしれないけれど、なんか、うーん。



それに、その警備が手薄で忍び込めた団体の建物が、りっぱすぎる。



原作本とは、設定が変わって、巨大団体と化していました。



あと、自宅謹慎となった米沢さんを監視する人の車がりっぱすぎます。。。



      



平日の大分の昼の上映は、私を含めて四名。がらがらでした。



ていうか、映画を映画館で観るのは、ハルさんに進められて、『太陽』



以来なのですが、あのときより、さらに少ない貸しきり状態で、



しっかり、エンドロール終了後の相棒7.5の新相棒、ミッチーこと及川くんまで



観て、館内をあとにしました。





関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

天ト占と臣

Author:天ト占と臣
師匠こと物忌み(巫女)の天ト占(あうら)と弟子で審神者(さにわ)の臣(をみ)です。
神さまからのご紹介や本館ブログを読んで来られた全国の皆さまのさまざまなご相談にのったり、ご依頼からお祓い等の神事をしておりますが、ここではそれをしていない時の天卜占と臣の普通の日常。主に好きな食べ物や本にドラマや映画についてを綴っていますが、やはり神さまからのお話になっているようです(~_~;)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント