2014-07-12

バージョンアップする自分 『ザ・シフト』― ウェイン・W・ダイアー著

以前、瞑想の本が読みたいと思って、よく行く本屋に行ったら、
待っていて(笑)くれたのが、ダイアー博士の瞑想の本でしたが、
その本に同じ著者の近著が紹介されていたので、これも併せて
読んでいました。それが今回の本『ザ・シフト』

人生のー。ひとが生きる真の目的とはーについて書かれています。
成功の真の意味とは三次元社会でのエゴを満たすためのもの
ではない。では、なんなのかー。
シフトチェンジせざるを得ない時、ひとは
『自分』という定義を再構築し価値観の転換を図り、
真に自分的意義を確立させる。
その瞬間、著者は
『飛躍的瞬間ークォンタム・モーメント』がやってくる。
と言います。
ピンチとチャンスは抱き合わせのひとつの瞬間。
それこそがチェンジへのタイムワープ。
長く苦しいトンネルのその先にこそ、人生の夕刻の宴が
待ちかまえている。と。

映画『ザ・シフト』では映像でいくつかのひとたちを取り上げ、
『クォンタム・モーメント』の体感を描いています。
この本は、その映画の副読本的なものですが、この本だけでも
理解は可能です。
本で認知するもよし、映像で、認知するもよし。
どちらでも、学びを満たすのによいものを選択してください。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

天ト占と臣

Author:天ト占と臣
師匠こと物忌み(巫女)の天ト占(あうら)と弟子で審神者(さにわ)の臣(をみ)です。
神さまからのご紹介や本館ブログを読んで来られた全国の皆さまのさまざまなご相談にのったり、ご依頼からお祓い等の神事をしておりますが、ここではそれをしていない時の天卜占と臣の普通の日常。主に好きな食べ物や本にドラマや映画についてを綴っていますが、やはり神さまからのお話になっているようです(~_~;)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント