2014-07-18

智慧はどこにあっても『不変』

名指揮者ロリン・マゼール氏がお亡くなりになったそうで、OTTAVAのFacebook
に追悼文を林田直樹さんが、掲載されていました。(7月15日の記事です。)
その中で、とても印象に残ったのは、彼の物事の捉え方。
この世界に必要なものは、『ユーモア』だと。そして、音楽の世界でも、
成功しているかに見える演奏家たちも閉塞感の中で、あえいでいる。
そんな彼らに対して自分ができることは、なにか。
それは彼らを再活性化すること。

「何が正しいかということが大事なのであって、誰が正しいかということは、二の次です」
    
これは、今を生きている人たちが陥りやすいことです。
自分が正しくて、相手が正しくないと考えることで、マ酔いに落ちていく。
自分は正しいと酔っている。
そうではなく、物事の捉え方を少し変えるだけで、もっと自由に生きられるのです。
その道で一流とよばれる人たちは、人間としても、一流なのですね。
老師の教えである『徳』について、考えていた時に目にした、一文でした。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

天ト占と臣

Author:天ト占と臣
師匠こと物忌み(巫女)の天ト占(あうら)と弟子で審神者(さにわ)の臣(をみ)です。
神さまからのご紹介や本館ブログを読んで来られた全国の皆さまのさまざまなご相談にのったり、ご依頼からお祓い等の神事をしておりますが、ここではそれをしていない時の天卜占と臣の普通の日常。主に好きな食べ物や本にドラマや映画についてを綴っていますが、やはり神さまからのお話になっているようです(~_~;)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント