2014-11-21

柿を使ってひと料理 春菊と柿の豆腐和え(白和え)

今年も我が家の元山(柿)がごっそり取れました。
昨年は、母の調子がさらに悪かったため人を入れられず、(年末年始の兄家族の帰省をお断りした程に)
もう、庭が密林と化しております。
ついでに遠近感の無いアタクシは、枝がよく捕捉できず、高いところの枝の剪定は無理でした。
そんなこんなでも、母、「庭の柿は今年はどうかなあ~♪」と楽しみにしておりましたので、なんとか、今年も
こそーっと臣さんに手伝ってもらい、柿の木と周辺の枝を落として、収穫しました。
あまりに多くて、取ったその日のうちに大半はご近所におすそわけ。
ジャムは様子を見て作ります。(柿もぎの夜は紅玉りんごのキャラメル煮を作って燃え尽きました。(~_~;))
そして、前回は、里芋と柿のサラダを作りましたが、今回は、白和えに挑戦です。

【材料】   
豆腐     半丁
春菊     1袋
柿      半個
キビ砂糖  大さじ 1
塩      小さじ 1
醤油    小さじ 1
すりごま  少々     

お豆腐はパックから出して、キッチンペーパーにくるんで水切りをしておきます。
(きのう何食べた?シロさんのおもしを置く方法もよいです。)
春菊は塩を少々入れてゆでて、これもさっと冷まします。
豆腐はつぶして砂糖などの調味料を加えて滑らかにおくのでしょうが、今回は豆腐の触感を
あえて残しました。
しぼった春菊を細かく切り、柿も小さめに切り、豆腐とまぜます。

K3340215.jpg

うちの柿は甘かったので、砂糖は控えめです。
   
K3340214.jpg
 
大変おいしゅうございました。(´∀`人)
関連記事

theme : 人生を豊かに生きる
genre : 心と身体

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

天ト占と臣

Author:天ト占と臣
師匠こと物忌み(巫女)の天ト占(あうら)と弟子で審神者(さにわ)の臣(をみ)です。
神さまからのご紹介や本館ブログを読んで来られた全国の皆さまのさまざまなご相談にのったり、ご依頼からお祓い等の神事をしておりますが、ここではそれをしていない時の天卜占と臣の普通の日常。主に好きな食べ物や本にドラマや映画についてを綴っていますが、やはり神さまからのお話になっているようです(~_~;)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント