2016-09-09

ある意味現実化

KIMG0372.jpg

やぁーっと、『シン・ゴジラ』観てきました。
レディースディなら少ないかなと思いきや、平日の昼間からの回に20数名ほどの入り。
年配客多し(笑)
   
おもしろかったーっ。
脚本がさいこーっ。
シンプルいずビューティフル。
余分な部分がない。みていて小気味いい。疾走感があります。
あと、以前も書きましたが音楽。伊福部さんの楽曲は完成度が高いから
今回も使われていました。パンフレットに音楽担当の鷲巣さんの一文に納得です。
もともと特撮映画が好きなのもあって小学生時代ほとんど怪獣映画を観ていたし、
ものを作ることの凄い精神性に感じ入っています。
着ぐるみがとか、VFXがどーこーではなく、そのシーンの効果として、ふさわしいかだけ。
今回のゴジラはそういう意味では秀逸だし、構造上よくできているなぁ、と妙な部分で
感心してました。(笑)
過去のゴジラ作品で、ゴジラは霊体的な存在と言う設定のものがありましたが、
第一作とその霊体説に近い設定だなぁと思いました。神の使いという設定も。
特に最終シーンあの象徴的なカットはそういうふうに私には観えました。

まあ、なんにせよ、おもしろかった~♪

KIMG0370.jpg

関連記事

theme : 人生を豊かに生きる
genre : 心と身体

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

天ト占と臣

Author:天ト占と臣
師匠こと物忌み(巫女)の天ト占(あうら)と弟子で審神者(さにわ)の臣(をみ)です。
神さまからのご紹介や本館ブログを読んで来られた全国の皆さまのさまざまなご相談にのったり、ご依頼からお祓い等の神事をしておりますが、ここではそれをしていない時の天卜占と臣の普通の日常。主に好きな食べ物や本にドラマや映画についてを綴っていますが、やはり神さまからのお話になっているようです(~_~;)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント