2016-09-30

記憶の上書きーカマタくん

人間の脳の仕組み上で、脳を休ませるためには『瞑想』が良いと『ガッテン』で
やっていましたねえ


本館記事でも紹介しているように、脳内で記憶は保管されたり、ポイ(笑)されたりしているのですが、
上書きされて記憶が変えられたり、補完されたりしているのです。
嫌なことなどの記憶も消すことができるのです。過去は変えられる。
いやー人間の体って、よくできているなあ。

ところで前回記事で『シン・ゴジラ』を観た話を書きましたが、今回のゴジラは、設定が
人類未体験の生物に遭遇する、というもの。
お初のゴジラなんです。
だもんで、このゴジラ、変身、もといっ変容します。(笑)
設定では、第一形態から第四までのゴジラがいます。
それをスタッフさんたちは、出現、または、上陸地の名前で呼んでいたそうで、
今ではファンの人やグッズ名もそれで呼ばれています。(笑)
その中に『蒲田くん』ってのがいるのですが、
31-sy2ecpvl.jpg

それまでの私の中の『カマタくん』はNHKのコント番組『LIFE』のキャラクター
『ホットなカマタくん』だったのですが、上書きされて、脳内変換が
『カマタくん』=第二形態に・・・・・・・。(;^ω^)
いえ、別に嫌いではないのですが、なぜかそんなことに。
たぶんインパクトが強いものは、そう変換されるのかも。
先日も、つい、やめときゃいいのに、『サイボーグ009VSデビルマン』なんてのを
観てしまい、なんだが『飛鳥了』がみっちゃんこと及川みっちーに見えてきて、(笑)
最期の方のシーン観てたら
「あれぇ?了って、どんな存在だったっけぇ(・・?」
なんて考えだしたら止まらなくなり・・・。(;^ω^)
思い出してしまいました。。。飛鳥了の設定とデビルマンの最終回の話。。。やめときゃよかった。
今、上書きしています。
たぶん、しばらくしたらまた忘れるのでしょう。
人は忘れます。
良いことも、悪いことも。感情付きでなければ、それは流れて消えていきます。
感情も手放していけば、光だけにすることもできます。
そうやって、営みは続くのですから。
関連記事

theme : 人生を豊かに生きる
genre : 心と身体

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

天ト占と臣

Author:天ト占と臣
師匠こと物忌み(巫女)の天ト占(あうら)と弟子で審神者(さにわ)の臣(をみ)です。
神さまからのご紹介や本館ブログを読んで来られた全国の皆さまのさまざまなご相談にのったり、ご依頼からお祓い等の神事をしておりますが、ここではそれをしていない時の天卜占と臣の普通の日常。主に好きな食べ物や本にドラマや映画についてを綴っていますが、やはり神さまからのお話になっているようです(~_~;)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント