2013-02-11

これは、序章に過ぎない。小説版相棒シリーズXDAY



K3340089


さっそく、購入。
紀伊国屋さんで平積みではなかったので、見つけきらず、店員さんのお手を煩わせて
しまいました。。。
そして、宣伝もっ。(笑)水谷さんの露出が高かったら、これのオフィシャルブックも買いますっ、
とまで、言いきって・・・・・・。(笑)

そして、読了。さくっと、読んで、その日のうちに臣さんへまわしました。
感想は・・・。
今まで、3作とも小説版と劇場公開版は細部が違ったり、犯人が違ったりなので、なんとも言えませんが、
今までは、小説版の方がワタクシ的には好みだったのです。
が、今回の作品にはピンとこなかった。なんか、ぐだぐだです。
臣さんにいたっては、中身が薄すぎる、のひと言。

そんな読後の私らの会話。
臣さん「右京さんが、なんでも出来過ぎやろ!!」
わたし「なんと言っても、本篇の主人公ですから、できるんデス。」
臣さん「それにしても、専門家が分析に時間がかかっているのをすらすらと・・・。」
わたし「きっと、スコットランドヤードの知り合いに詳しい人がいて、以前、勉強したんや、
     コボルとか、フォートランとか。」
臣さん「それは違います。」
わたし「んじゃ、C言語。んと、ベーシック。」
臣さん「どれも違います!?」
わたし「そんなに強く言わんでもいーやんかあ~。」
臣さん「まったく、ぶつぶつ・・・。」
わたし「ただ、ボケただけなのにぃ~。」
    
なんにしても、右京さんと神戸君が出てきます。
それも、米さんの時(前回スピンオフ『米沢守の事件簿』)と違い、ちゃんと話に加わっています。
うれしいな♪
小説の展開がどんなに料理されたかは、劇場でおたしかめください。
ってとこでしょうか。
  



べつばなし
高校の時、一生懸命勉強して検定試験まで受験させられた科目の情報処理。
当時は難関で、合格しなくても卒業はできたんだけれど、これって、使えたのは、
高校でバイトした時、成績処理でベーシックを使うようになって少しプログラムのこととかさせられた。
この時ばかりは勉強をやっててよかったと、思いましたねえ。
一応、簿記も高校簿記会計の一級は取ってて、珠算はぺけでも(暗算筆算で試算表を計算した人。(笑))なんとか、卒業してるから(笑)、税理士さんとことかのバイト仕事で使えたなあ。

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

天ト占と臣

Author:天ト占と臣
師匠こと物忌み(巫女)の天ト占(あうら)と弟子で審神者(さにわ)の臣(をみ)です。
神さまからのご紹介や本館ブログを読んで来られた全国の皆さまのさまざまなご相談にのったり、ご依頼からお祓い等の神事をしておりますが、ここではそれをしていない時の天卜占と臣の普通の日常。主に好きな食べ物や本にドラマや映画についてを綴っていますが、やはり神さまからのお話になっているようです(~_~;)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント