2012-09-23

猫が幸せなら 人間も幸せ

『エルミタージュの猫たち 女帝と猫と名画の奇妙な物語』BSNHK



を観ました。



猫が出る番組かと、食いついちゃいましたが、またひとつ、歴史のおさらいです。



ロシアのエルミタージュ美術館で美術品を警護するねこ部隊(笑)のお話しでした。



常時50匹ほどの猫が名画をネズミから守っているそうです。



それも、エカテリーナ2世の時代から。



在位期間は、フランス革命(ベルばらで、ヨーロッパの歴史にハマったひと(笑))の頃



だから、それ以来ここには猫がいるのですね。



一時はいない時もあったそうですが、やはりネズミを駆除するために再び、猫部隊が



警備しているそうです。



食事担当者がいて、医療担当者がいて、休憩所も完備(笑)。



また、第二次世界大戦時は猫たちにも受難の時期を人とともに過ごしています。



この街に猫がいなくなったのですね。



詳しい内容は書きたくない話なので、ここでは書きませんが、



ご興味のある方は、少し調べてみてください。



今回の天災でも、ペットを飼えなくなったり、亡くしたりの記事を目にしますが、



動物や植物もまた、われわれと同じ空間を供用していることを見失わないようにー。



私たちは、私たちだけでこの世界を生きているのではない。



同じイノチ在る者たちと共にこの世界の在るのです。



そんなことを思い出させたのは、このエピソードです。



サンクトペテルブルグ大学の構内にはねこの銅像があるのですが、



そこには、こんな言葉がきざまれています。



『猫が幸せでいる限り、世界は平和である。



人類は猫に感謝すべきである。』



と。



Dsc00018  ね~むれ ね~こねこ~♪ね~むれよォ~♪



あたいのおなかの上で熟睡ちうのところを激写!しました。



ところで動物・植物は龍神界とも関係しています。

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

昔・・・ねこが嫌いでした。

でも、彼等には我々にはない不思議な力があるように思えて・・・
今は、見かけるたびに「にぃゃ~」「みゅ~」って声を掛けます。
たまに反応してくれる奴もいます。何かが伝わったのかも知れません。
師匠さんのネコさん♪考え事してるみたいデス。かわいい~

No title

Ciao.さん、いらっしゃいませぇ~♪
  
おや、ねこさんがダメでしたか。
でも、過去形ですから、今はオッケイなのですね。(笑)
あたくしも見かけたら、鳴き真似をします。
そして、ねこさんたちから驚かれます。
「にゃんだ~コイツ。変な奴だ二ャア。」
などと、言われているとかいないとか・・・。ヽ(^。^)ノ
  
かわいい~といってくださり、ありがとうございます。
掲載写真の猫は、10年以上も前に、
我が家で飼っていたなあちゃんです。
あっという間に、お☆さまになってしまいましたが、
虹のふもとにあると言う橋のたもとで、再会を待っていてくれていると
思いたい。
(人と縁した動物は、そこで、待っているとか何とか。(~_~;))
このあとの一枚は爆睡しすぎて、ワタクシのお腹で開き(笑)
になって寝ていました。
   
今は諸般の家の事情で飼われません。
それで、よその猫をモフりたいという衝動に
時にはかられますが、それ以上に
今のバージョンだと、猫も犬も寄りつけません。くくく・・・。
それはそれで、意味があるんですねえ。
いかん。長くなりました。
   
訪問 感謝♪
   
プロフィール

天ト占と臣

Author:天ト占と臣
師匠こと物忌み(巫女)の天ト占(あうら)と弟子で審神者(さにわ)の臣(をみ)です。
神さまからのご紹介や本館ブログを読んで来られた全国の皆さまのさまざまなご相談にのったり、ご依頼からお祓い等の神事をしておりますが、ここではそれをしていない時の天卜占と臣の普通の日常。主に好きな食べ物や本にドラマや映画についてを綴っていますが、やはり神さまからのお話になっているようです(~_~;)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント