2012-09-10

援軍 来たれり

さてさて、検査のための通院がしばらく続いていた母なのですが、



結局、アタマが痛くなるような事態は起きず、なんだか、ぷっかぁ~に



やり過ごしております。なじょ┌| ∵|┘



ことの起こりは、春に主治医が変わって、新しい主治医から、難病認定されている病気の



(リューマチは別。これはやはり、薬の副作用から。)もうひとつの方は、治療が



されていません。という、あまりにショーゲキテキなことを言われてから。。。



いやいや、そんな、あなた・・・。



しかも、「なぜ、リューマチを整形外科で診察ってことになっているの?」



って言われてもねぇ┌| ∵|┘┌| ∵|┘┌| ∵|┘



こっちで勝手にしているのではなく、先生同士で話してそうなって・・・などと説明した



のですが、



結局それはおかしいから患者側から整形の先生に話して、内科へ戻してください。



┌| ∵|┘って、もう、わけわからん。。。



。゚(゚´Д`゚)゚。。゚(゚´Д`゚)゚。。゚(゚´Д`゚)゚。。゚(゚´Д`゚)゚。。゚(゚´Д`゚)゚。



なんと言っても、今の整形の担当医は「僕の専門は背骨です。(リューマチではない。)



だから、病院を変えても構わないのですよ。」まで、おっしゃって(笑)くださった御方。



σ(^。^*)ノもぉ笑うしかない・・・・・・。┌| ∵|┘踊ってみました。いやいや・・・。



気がちっさいから、そんな先生になんて言ったらいいのぉ~。などと思案して



(あ、そこ、笑うとことちゃうよ。)



でぇいっ!考えても無駄だぁ!



と、開き直っていましたら、あの宿便そーどーに突入し、その後、圧迫骨折も発覚。



整形外科へは担当医の専門の背骨へと診察のシフトが変わり(笑)、



リューマチ云々どころでなくなりました。O(⌒Δ⌒;)てへっ



そいでもって、その合間に内科の新主治医から「ブレドニン(ステロイド剤)を減らしましょ。」



てなことになり、5減らしたら、次回の血液検査で炎症反応が出てさらに、今度は、



「膠原病の専門医へ初診予約して、治療していなかった病気を診察してもらって



ください。」



なんだ?p(´⌒`q) なんだぁ~?p(´⌒`q)p(´⌒`q)なんですと?p(´⌒`q)



もぉ、さらに、わけがわからん。。。



でも、ここは、やはり、



でぇいっ!考えても無駄だぁ!



で、行くしかなく。\(^◇^)/バンザ~イ。┌| ∵|┘再び踊る┌| ∵|┘



増えた検査の合間に、初診として神経内科の前に膠原病内科へと・・・。



で、そこでもいろいろあったのですが、結論から言うと。



問題なし。



ブレドニンは1から減らしていけば、いいでしょう。という、ことに。



              \(^∀^)/



。゚(゚´Д`゚)゚。。゚(゚´Д`゚)゚。。゚(゚´Д`゚)゚。。゚(゚´Д`゚)゚。。゚(゚´Д`゚)゚。



 



あぁ、神さま、(いつもながら)ありがとうございましたっ。



結局、いつも、神さまがおっしゃられている、



流れにまかせる。



                        これにつきます。



なんでもかんでも自分でやろうとするから、すっごく大変に思えたり、



自分でやらなきゃあとか、自分ができるからとか、傲慢になったりするんです。



そして、あれこれいたらんことについつい口をはさんだりよけいなことに首を



つっこんでしまい、どつぼにハマってあちゃ~(>_<)ってなことになるんです。



いいかげん、そんなことはやめて、楽々おまかせ~で、いいんじゃないか



ってのが、神さまからのお話なのです。



いつもながら、長くってごめんなさい。

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

天ト占と臣

Author:天ト占と臣
師匠こと物忌み(巫女)の天ト占(あうら)と弟子で審神者(さにわ)の臣(をみ)です。
神さまからのご紹介や本館ブログを読んで来られた全国の皆さまのさまざまなご相談にのったり、ご依頼からお祓い等の神事をしておりますが、ここではそれをしていない時の天卜占と臣の普通の日常。主に好きな食べ物や本にドラマや映画についてを綴っていますが、やはり神さまからのお話になっているようです(~_~;)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント