2012-06-08

何事にも理(ことわり)があります。

不思議に思われるかもしれませんが、世の中の物事は、



思ったようになるものではあります。



アメリカのドラマを観ていたら、医療ものなんですけれどね。



入院患者の一人が怪我を望むのです。完治を望まない。



完治したら、部隊に戻らないといけない。



完治しなければ、自分は家族のもとへ戻られる。



家族のもとへ戻るために怪我することを望んだのです。



ドラマだからなんて、思うかもしれませんが、



実際、あることです。



癌が一瞬で消えても、まだ、なにかこころにあれば、一瞬で癌が再生する



なんてことも体験しました。



なにを望んでいたかではなく、ちょっとした考え癖のなせる技でしたがね。



ただ、時間をかけて積もり積もった塵芥は取り除くのに、それ相応の時間が



かかるものだったりもします。



もちろん、100%その気。やる気であれば、その願いは、叶うのにそう時間は



かかりません。



100パーセントの「癌が消える」を望んだから、消えた。



そんなところでしょうか。



願望祈願してもしても、叶わないな、叶わなかったなって、



思うことがあるかもしれませんが、



叶えるのも、それを妨げるのも自分なんですね。



叶えるためには『こころのフォームを整える』ってことが大事なんです。



対立しないココロはすべてとつながり、すべてを完結させる。すべてを叶えます。



冒頭のドラマ。『Dr.HOUSE』ですが、



怪我をして、障害者となった患者は喜んで退院。家族のもとへ戻れると



担当医に手先が無くなった腕を振り上げて、満面の笑みを浮かべてガッツポーズ



をしたのでした。

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

天ト占と臣

Author:天ト占と臣
師匠こと物忌み(巫女)の天ト占(あうら)と弟子で審神者(さにわ)の臣(をみ)です。
神さまからのご紹介や本館ブログを読んで来られた全国の皆さまのさまざまなご相談にのったり、ご依頼からお祓い等の神事をしておりますが、ここではそれをしていない時の天卜占と臣の普通の日常。主に好きな食べ物や本にドラマや映画についてを綴っていますが、やはり神さまからのお話になっているようです(~_~;)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント