2012-05-28

やぁまのはたけぇの~♪

120527153956


『あかとんぼ』の歌詞の2番に出てくる桑の実です。



臣さん、曰く。まっくろに熟した方がおいしいそうです。



写真の実。中央の下の方に黒っぽいのが写っているでしょ。



これがもっと黒くなるんだとか。



去年、竹田だったか、道の駅で、桑の実のジャムがあったので購入していました。



つぶつぶの具合が、以前作ったやまもものジャムみたいでした。←無謀。(笑)



桑の実って、歌に出ている風景は養蚕のための桑の葉畑のことなのかしら~♪



などと、つらつら考えていましたが、(草のイメージ。)



初めて臣さんから教えてもらった桑は、巨大っ。(笑)見上げるほど。



桑の樹だよ、。(笑)



生い茂りまくっていました。



写真の桑の木は用水路の側で、小さな橋の下から、顔を出している。



120527154153


環境により限定されたイメージなんですなぁ~。



畑と言えば、植わっているものは、草のイメージでした。



でも、言われてみれば、山の畑のみかんは『樹』。(笑)



人間は知ったつもりで、物事を発想する。けれども、知っているつもりの発想には



限界があって、その外にも世界は広がっている。



発想が豊富なひとは、あれもこれもと、いろんな角度から発想ができる。



柔らかで、しなやかなイメージの世界。



限界をもし、感じたら



「自分にはまだ、知らない世界がたくさんある。」



と謙虚に思う。



この謙虚な姿勢が、広がる世界を体感させてくれる。



だれかが、いつも、教えてくれるのです。



追記



『赤とんぼ』



夕焼け小焼けの 赤とんぼ



負われて 見たのは いつの日か



山の畑の 桑の実を



小籠に 摘んだは まぼろしか



十五でねえやは 嫁に行き



お里の 便りも 絶え果てた



夕焼け小焼けの 赤とんぼ



とまっているよ 竿の先      三木露風 作詞  山田耕作 作曲

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

天ト占と臣

Author:天ト占と臣
師匠こと物忌み(巫女)の天ト占(あうら)と弟子で審神者(さにわ)の臣(をみ)です。
神さまからのご紹介や本館ブログを読んで来られた全国の皆さまのさまざまなご相談にのったり、ご依頼からお祓い等の神事をしておりますが、ここではそれをしていない時の天卜占と臣の普通の日常。主に好きな食べ物や本にドラマや映画についてを綴っていますが、やはり神さまからのお話になっているようです(~_~;)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント