2012-05-13

それぞれの豊かさの中で

豊かさとは、あらゆる制約を解き放って、すべてに妥協せず、こだわりをもって



やれるということ



                                                       鳥羽院役 三上博史



 



好きな役者さんのひとりです。



現在放送中の『平清盛』で、屈折した役(笑)を演じてましたが、



オールアップ後のインタビューがホームページに掲載されていました。



そのなかの言葉です。



三上くんは、寺山修二さんの天井桟敷でメソッドを受け、最近は、蜷川さんのお芝居にも



出てましたね。



頭がというか顔というか、ちっさい方らしいので、テレビ向きかと思いきや、舞台も



やられる。ご自身でプロデュースして、演じてましたしね。



まあ、小劇場クラスでしたら、ある意味、ゴージャスなのかも。(笑)



もと、相棒の寺脇さんのお芝居も、小劇場っぽいから、『風と共に去りぬ』の船長役



には、線が細いやろ・・・。と思っていましたら、やはり、スケール感が足りなかった。



いかん、演劇の話に行きそうだ。。。



話を戻して・・・



インタビューの中で、やはりすてきな役者さんだなぁ~と再認識したのですが、



一番こころに感じたのが冒頭の一文。



豊かさは自分が定義しなければ、自分の世界に存在しません。



その豊かさとは、あれもこれもがあることではないと、つねづね、本館でも話して



いますが、その感覚として、わかりやすいことばだなぁ~と感じ入った訳です。



本日の放映分で、三上君の出番が終わり。



これから、ドラマは二つの戦乱へと向かい、清盛君が歴史の表舞台へとわけいります。

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

天ト占と臣

Author:天ト占と臣
師匠こと物忌み(巫女)の天ト占(あうら)と弟子で審神者(さにわ)の臣(をみ)です。
神さまからのご紹介や本館ブログを読んで来られた全国の皆さまのさまざまなご相談にのったり、ご依頼からお祓い等の神事をしておりますが、ここではそれをしていない時の天卜占と臣の普通の日常。主に好きな食べ物や本にドラマや映画についてを綴っていますが、やはり神さまからのお話になっているようです(~_~;)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント