2012-03-26

メンテナンス続行中

お塩風呂に入ったり、半身浴したり、排水溝のお掃除したり、大祓を唱えたり、



と、やっていますが、『冷えとり』も絶賛(笑)継続中(笑)。



半身浴をして、下半身を温める。靴下の重ね履きをして、日常生活でも、半身浴



状態にして頭寒足熱に勤める。



食事では、ゆっくり噛んで、腹八分。食欲がない時は、無理には食べない。



以前、書いた謎(笑)の



衣・食・住。『冷えとり』の本に、住についての記述はないですが、



衣と、食はありました。



東洋医学の古典によると、



「草根木皮(漢方薬等)は小薬」「鍼灸は、中薬」



「飲食衣服は、大薬」



治療法、健康法の中で、飲む、食べる着ることで、日常生活を正しくおこなうことに



薬効があるのだそうです。



さらに、



悪いことをせず、身を慎み、心穏やかにすることこそ、この薬の源としています。



これは、



「気が枯れるー気枯れ ケガレ」に相通じます。



日々の生活の中で、どうしても、溜まってしまう、汚れた気。



それにより、元の気が枯れてしまいがちです。



そうならないために、いろいろな方法があります。



この汚れた気は、もつれ、正常に働かず、滞って体内にある。



それを出して元の気を取り戻す。



そういった、ケガレを『冷えとり』では『毒出し』としています。



考え方の根本は、同じなのですね。



どう取り組むかは、ひとそれぞれですが、



日々のメンテナンスのことに少し、気をとめていただければと、思います。



 



追記



K3340048


絹の靴下に穴があきました。



足裏反射区の毒出しにより、絹は溶けるそうです。これは、6枚履きでの



4枚目のもの。実は、この前日にどんくさいことをして、こんなことにっ・・・。



イメージです。(笑)(パソコンで見てね。携帯は、どかな?)



以前は、8枚履きの6枚目があきました。(笑)



K3340048

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

天ト占と臣

Author:天ト占と臣
師匠こと物忌み(巫女)の天ト占(あうら)と弟子で審神者(さにわ)の臣(をみ)です。
神さまからのご紹介や本館ブログを読んで来られた全国の皆さまのさまざまなご相談にのったり、ご依頼からお祓い等の神事をしておりますが、ここではそれをしていない時の天卜占と臣の普通の日常。主に好きな食べ物や本にドラマや映画についてを綴っていますが、やはり神さまからのお話になっているようです(~_~;)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント